台風の対策は万全!?窓など家の周りの準備は早めに!

シェアする

スポンサーリンク

台風

ここ数年は異常気象などが原因で台風が多く発生していますね。

以前までの台風ですと日本に来ても比較的小さいものが主流でしたが

ここ数年は大型と呼ばれるものが多く上陸しています。

台風が上陸してしまうと様々なものを壊していってしまうので

しっかりとした対策をすることが大切になってきています。

ですがどのような対策をすればいいのか

具体的に考えた時に悩んでしまうことはないでしょうか。

しっかりと対策をしていないといざという時に困ってしまいますので

今回は台風の対策方法や台風がよく来る時期についてお伝えします。

窓に養生テープを貼りつける

台風が近づいてきたときに窓にする対策としては

ガムテープを貼りつけて補強することが一般的です。

窓にガムテープを貼りつけることによって窓が割れにくくなりますし

もし窓が割れてしまったとしても

飛び散りを防止することが出来ますのでおススメです。

ですが台風が去った後にガムテープをはがす時には剥がしずらいですし、

はがした後にも粘着力が窓に残ってしまいます。

そういったことを防ぐにはガムテープではなく養生テープを使用することです。

養生テープはガムテープよりも粘着力が弱いタイプのガムテープです。

よく工事現場などで使用されているテープで色が非常にカラフルな物が多いです。

段ボールを窓に入れて養生テープで貼りつける

養生テープで貼りつけて跡が残るのが嫌という人には

段ボールを入れて張り付ける方法をおススメします。

段ボールを挟むことによって窓にガムテープの跡が残りにくくなりますし

割れた時に家の中にガラスが入らなくなりますので安全面でもおススメです。

台風が日本に来る時期ととるべき対策!

台風が日本に来る時期とはいつ頃なのでしょうか。

台風が来る時期を前もって知っておくことによって

対策も早めに立てることが出来ます。

台風が日本に来る時期

台風が日本に来やすい時期は7月8月9月10月です。

この台風が来やすい時期は比較的暑い時期です。

気温が高くなると気温差によって台風ができやすくなりますので

暑くなりだしたらそろそろ台風の発生時期だなと思っていただいてもいいと思います。

非常食を用意しておく

台風が来ると外に出ることが出来なくなる場合があります。

そうなると食料を手に入れる手段がなくなってしまいますので

調理をしなくても簡単に食べることが出来るものを用意しておいてください。

この時にお湯を使って用意するものではなく

お湯がなくても食べれるものにしてください。

台風が来たときには電気が使えない場合がありますのでその対策です。

飲み水の確保をする

台風が来ると停電や断水をしてしまうことがあります。

自宅が停電などをしていなくても

給水所などが停電してしまうと自宅に水が流れないようになってしまうことがあります。

そこで、もしそうなってしまっても対処できるように

数日間の飲み水を用意しておくようにしておいてください。

用意する水の基準は1人当たり2Lが1日必要になりますので

2L×人数分の水を用意するようにしてください

万が一の台風の被害に有効な保険は?

台風が来たときに自宅や家財が壊れてしまうことがありますが

有効な保険はあるのでしょうか?

実は台風のみを対象とした保険というものはありません。

台風の保険は火災保険に含まれていることが多い

台風が来たときに備えて保険に入ろうとしても

台風の身の保険というものはほとんどありません。

ですが契約内容にもよるのですが火災保険の中には

台風による損害も補償されるようになっているものが多いです。

ですので自宅に火災保険をかけている場合には

一度保険内容を確認して台風でも保証されるかどうか確認してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は台風対策の方法と台風が来やすい時期、

台風の時に使える保険についてお伝えしました。

台風が来るときに大切なことは事前の情報をしっかりと入手することと対策をすることです。

このことをすることによって台風が来ても被害を少なくすることが出来るようになります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする