おでんのからしをつけるのは一般的?地域によって違う?

シェアする

スポンサーリンク

食 おでん

おでんを食べるときには何をつけて食べていますか?

からしやみそなどといった調味料をつけて食べる地域や

からしではなくマスタードをつける地域もあるのです。

ではなぜおでんに調味料をつけるときに差が生まれたのでしょうか。

からしを付けない地域では、

そもそもおでんにからしが合わないということがあるのです。

そこで今回はおでんにからしをつけることは一般的なのか

そして地域ごとのおでんの食べ方についてお伝えします。

おでんのからしをつけるのは一般的?地域によって違う?

おでんにからしをつける習慣があるのは実は関東だけなのです。

関東のおでんは、かつおだしをしっかりと利かせたおでんです。

具材も定番のダイコンや白滝などの具材以外にちくわぶなどの練り物が有名です。

このような食材には他県が付けているような調味料よりも

からしがおでんのおいしさを引き立ててくれるのです。

そのため関東ではからしをつけておでんを食べています。

関西地方のおでん

関西のおでんは関東のおでんに似ているのですが、

カツオと昆布の合わせ出汁を使用したおでんです。

使用している具材も関東と同じように

大根などの定番の具材のほかに牛スジやタコなどの海鮮物を使用しているのです。

関東の味付けや具材が似ているため

からしをつけるところもあるのですが、基本的にはからしを付けずに食べています。

東北地方のおでん

東北のおでんは、だいこんなどの野菜や海鮮のほかにも

さつま揚げをいれたおでんになっています。

ダシは煮干しを基本とした味付けになっていますのでからしを使わずに食べています。

北海道のおでん

北海道のおでんは昆布をふんだんに使用した

だしをつかって作っています。

昆布は北海道で多くの量をとることが出来るため納得ですね。

またおでんの具材も他の地域とは違って

海鮮系の具材を多く使用したものになっていますので

からしはおでんに合わないため使用していません。

おでんのからしのつけ方とは?つけない地域はどうするの?

関東ではおでんにからしをつけて食べています。

からしをつけて食べない地域では

どのような調味料をつけて食べているのでしょうか

関西地方のおでん

関西のおでんはからしをつける人もいますが、

一般的にはショウガ醤油をつけて食べています。

ショウガ醤油は関西のおでんに非常に合う調味料のため

姫路の人が好んで食べています。

東北地方のおでん

東北のおでんは野菜や海鮮にさつま揚げなどを入れたおでんです。

東北のおでんでも、からしをつけて食べる人もいるようですが

一般的にはみそだれをつけて食べています。

煮干しを使っている出汁にはみそだれが一番合います。

北海道のおでん

北海道のおでんは東北地方のおでんと同じように

みそだれをつけて食べるのが一般的です。

北海道のおでんは海鮮が多いので

からしなどよりもみそだれのほうがおでんに合うようです。

おでんの具材も地域によって違う?野菜は何が一般的?

おでんにつける調味料が違うことについては先ほどお伝えしましたが

野菜も地方によっては違いが出てくるのでしょうか?

野菜は地域によって様々

おでんに入れるものについては

大根などの基本となるもの以外には

その地域でたくさん作られているものを入れることが多いようです。

変わっている具材で言えばサトイモやトマト、ホウレンソウなどが挙げられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はおでんにからしをつけることが一般的なのかどうか、

そしてからしをつけない地域ではどのような調味料をつけているのかについてお伝えしました。

からしをつけない地域はだしの関係から合わないためにつけていないのです。

ですが独自の進化をとげていますので

今回ご紹介した地域のおでんの中に気に行ったものがあれば一度作ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする