子育てで辛い時期の産後うつと八つ当たり体験談

シェアする

スポンサーリンク

絶望 人3

一番辛かったのは新生児期から3ヶ月くらいの時でした。

私は、出産や育児に対して深く考えていませんでした。

漠然と「こんなものだろう」という考えしかなく、

こんなに大変なことなんて思っていませんでした。

実際に出産し、

退院して子供と2人っきりになると不安しかなくて、

朝を迎えるのが怖いくらいでした。

母乳はちゃんと足りているのか、

体重は増えているのか?など

考えることがありすぎて精神的にもかなり参っていました。

赤ちゃんがなんで泣いているのかも分からず、

思い当たることをしてみてもダメで

自分も一緒になって泣いていることがほとんどでした。

母乳が足りているのか不安で

赤ちゃんがいつも泣いているような状態だったので

母に相談したら足りていないんじゃないか?といわれ、

そこで初めてミルクをあげました。

母乳をあげることにストレスを感じていた私は、

それからは完全ミルクに移行することを決めました。

間隔を空けないといけないけど、

旦那やいろんな人にミルクをあげてもらい、

少しだけ自分の時間を作ることができました。

母乳をあげているときは、ちゃんとご飯食べないといけない、

栄養をとらないといけないなど、色んなプレッシャーがあり、

それがすごくストレスになっていました。

それがなくなり、少しだけ楽になって心に余裕ができました。

周りの人に協力してもらうことが本当に救われました。

子育て中のストレスで産後うつ状態に

子供が産まれてからは、

色んなことが制限されて本当にストレスしかない日常を送っていました。

産後うつと診断をもらったわけではないのですが、

ネットで調べたりすると当てはまることが多かったので

産後うつになってたんだなと思います。

新生児期から生後3ヶ月くらいのときが一番ひどかったと思います。

夜中の授乳での睡眠不足や抱っこでの腱鞘炎、

出かけたりできないストレスなど。

すごく追い詰められている感じでした。

そこでも、自分の母や旦那のお母さん、

友達などに相談をしながらなんとか乗り切ってきました。

首が座ってからはお出かけができるようになり、かなり気分転換ができました。

赤ちゃんにも少しずつ表情が出てきたりして、癒されたりしてました。

それからは自分に余裕が出てきたのか、少し子育てを楽しむことができました。

子育てのストレスで八つ当たりばかりの日々

子供を産んでからは自分の性格がかなりキツくなりました。

特に旦那への八つ当たりがひどくなり、

当たってしまっては後悔の連続です。

今までは何にも思わなかったすごく小さなことでもイライラしてしまい、

すぐに怒ってしまいました。

旦那は何も悪くないのに、攻めてばかりいました。

何をするにも文句をつけたり、話しかけてきても無視したり、

今思うと本当に最悪な嫁だったと思います。

なかなか心に余裕ができず、旦那の気持ちまで考えることができませんでした。

ひどい言葉を投げたり、手をあげたりしたこともありました。

毎日のように八つ当たりしていたと思います。

それでも旦那は全てを受け止めてくれて今では本当に感謝しかありません。

生理が開始してからは、

生理前になるとイライラしてしまい当たってしまうこともありますが、

昔よりは良くなりました。

自分自身に余裕があれば気持ちに余裕ができて

周りが見えるようになることが子供が産まれてから気づくことができました。

八つ当たりしたとしてもその後謝ったり、

きちんと話をして理解してもらうことができれば

問題ないのかなとわたしは思います。

子育てはお母さんだけの仕事ではないし、

子供は2人の子供だからお互いに理解し合いながら

助け合いながら子育てしていくべきだと私は思います。

もしかすると慣れてないお父さんは難しいと思いますが、

やろうと思えばやれるので協力してあげるべきだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする