大掃除は分担すると楽になる!その方法とは!?

シェアする

スポンサーリンク

掃除

年末の大掃除の負担を極力減らすために、私は1年をかけて作業を分割して行っています。

また、窓の掃除は比較的過ごしやすい春と秋に行うようにしています。

私が住んでいる地域では冬に雪が降るので、

大掃除での窓ふきはあまり効果がありません。

また、わざわざ寒い思いをしてまで窓拭きをする必要もないので、

春と秋に行うようにしました。

それ以外の掃除も週に1回のペースで大掃除を行うようにしています。

各部屋をローテンションで掃除をしていきますが、

普段の掃除では行き届かない場所を掃除しています。

天井や壁、または照明などの掃除は

11月から12月の初めに行うようにしています。

年末とお盆前に浴室やキッチンなどの水周りの大掃除を行います。

そのため、年末とお盆前の忙しい時期に

あれこれと大掃除をやらなくて済むので、

その分ご馳走作りに時間を割くことができます。

また、他にも雑務がいろいろとありますが、

できるだけ忙しくなりすぎないように気を付けています。

前倒しできる家事の一つが大掃除です。

今までの習慣が当たり前だという概念を無くせば、

もっと効率よく家事をすることができると思います。

家族全員で大掃除をするような家庭は別ですが、

ワンオペで家事を全て一人でこなしているような場合では、

やはり何らかの工夫が必要です。

どんなに大変な作業でも、分割することで、1回の作業がかなり楽になります。

私は大掃除を分割して行うようになってからは、

年末のストレスがかなり減ったように思います。

今では大掃除をしなければいけないという概念が全くないので、

他の作業だけに意識を向けることができるようになりました。

お盆やお正月をできるだけノンビリ過ごすためにも、

掃除は工夫次第でそれを可能にすることができると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする