黒豆を煮る時に重曹を入れるのはなぜ?圧力鍋でも必要?

シェアする

スポンサーリンク

食 黒豆

黒豆を煮るとき重曹は必要?圧力鍋で煮る場合は?

おせちの定番黒豆!

甘くてつやつやしていて、おかずにもおやつにもいいですよね。

ただ、一度作ったことのある人は分かると思いますが

上手に作るのって難しいんです!

わたしも黒豆大好きで、

何度かトライしたことがありますが、いつのまにかしわしわ…

重曹を入れるというのはよく聞くのですが、

何で入れるのか、どれだけ入れるのか分からず失敗したこともあります。

「お店で売っているみたいに、おいしそうなつやつやした黒豆を作りたい!」

と思う人必見!

黒豆を煮るときに重曹を入れる理由や、

圧力鍋で作る際の注意点、そしてコツを押さえるべき重曹の量をご紹介します!

重曹は圧力鍋でも必要?

「黒豆を煮るときは、重要を入れましょう」

料理番組で、このセリフ耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。

でも、何のために入れるのか分かっていないと、

「今、重曹なんて家になーい!でもなくてもいいか。」

とそのまま調理スタート!

なんてことになりがちですよね。

実はこの重曹、入れるのには大事な理由があるんです。

それは、黒豆をやわらかくふわふわした食感にしてくれるということ。

皆さんも、家で作ってカチコチの黒豆になっちゃった…なんて経験ありませんか?

重曹を入れることで、カチコチ黒豆は解消されるんです。

重曹はアルカリ性の性質を持っているため、

それが作用して黒豆の中のたんぱく質を分解してくれます。

たんぱく質というと、お肉や卵を思い浮かべると思いますが、

それらも火にかけすぎると、固く食べにくい食感になってしまいますよね。

ですが、重曹を入れることで食材に早く火が通るようになるため、食感がやわらかくなります。

重曹1つで出来が変わってくるので、

「黒豆作り初挑戦!」

という人は入れて作った方が成功しやすいですよ!

圧力鍋は要注意!

食 鍋

先ほど、重曹を入れて作ってみてください!とご紹介しましたが、

圧力鍋で黒豆作りをしようとしている人は要注意です。

圧力鍋は、一気に熱を加え調理するため、

それによって重曹が発泡することに。

鍋から溢れだしたり、火傷の原因となったりと大変危険なので、

圧力鍋で調理するときは重曹を使わないようにしましょう。

お持ちの圧力鍋の種類によって、

加熱時間や圧が変わるのでそちらをよく確認したうえで黒豆作りをするようにしてくださいね。

黒豆を煮る時の重曹の量はどれくらい?

「重曹を入れればいいんだよね~。」

と適当に入れていたわたし。

出来た黒豆は…

「うっ、まずい!」

とても苦くて甘みが消えていたことがあります。

(もったいないのでマフィンの中に入れて無理やり食べました。)

そう、重曹は入れすぎると苦みが出る原因に。

黒豆に対してのきちんとした比率があるので、

こちらで確認しておきましょう。

重曹の量の覚え方は、とても簡単。

「黒豆に対して、1%の重さ」ということです。

たとえば、黒豆250グラムだったら重曹は2.5グラム。

こちらは、だいたい軽くすくった小さじ1杯分になります。

袋で購入してきた黒豆だと、

外袋に重さが書いてあることが多いので計る際にも便利ですよね。

まとめ

いかがでしたか。

黒豆作りは難しいですが、

上手な黒豆を食卓に出せたら料理のプロ!という感じがしますよね。

コツをつかんだつもりでも、なかなか成功しないのが黒豆作り。

重曹の量を間違えたときなんて、途方に暮れそうになりますが、

やっているうちにきっと上達していくので大丈夫です!

そう失敗ばかりしていられない!という人は、

袋全部の黒豆を使ってしまうのではなく、半量ずつとか、

三分の一ずつとか、少しずつ黒豆を出して調理していくことをおすすめします。

わたしは実際そうやって黒豆作りを練習していったのですが、

いまだにしわしわになることも…。

でも、それも家庭的でいいか!なんて割り切っていますが、

今回改めてコツを再確認できたのでまた挑戦したいと思います。

みなさんもがんばって、つやつやふっくらのおいしい黒豆を作りましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする