餅の作り方とは?もちつき機なら簡単に出来る?

シェアする

スポンサーリンク

餅

餅つき大会では

お相撲さんが杵と臼でぺったんぱったとお餅を作っているイメージですね!

お餅の作り方って実は簡単なんですよ!

蒸したもち米をこねると出来上がりのいたってシンプルな行程です。

もちつき機があればほぼお任せ状態で出来上がります。

前の日にもち米を水につけてあげていたら、

たっぷり水分をすったもち米でおいしいお餅ができます。

もちつき機で蒸すこともお任せしちゃえば、

そのままこねてくれてあれよあれよと言う間にお餅ができてしまいます。

その出来たお餅を美味しく食べるレシピもご紹介します。

またぎゅーっと米粒がつぶれて引き締まったボディーのお餅は

カロリーが高そうですよね!

ご飯よりどれくらいカロリーが高いかもご紹介しますね!

餅の作り方応用編!餅の粋なレシピとは

せっかくもちつき機でお餅をつくったのだから、

粋な食べ方をしたいですか?

とっておきのレシピをご紹介しますね。

もちつき機で簡単にお餅を作ることができれば、

これからは食べたい時にどんどん作って、

いろんなレシピも覚えてアレンジしちゃいましょう!

わたしの一番のおすすめは”きなこ餅”です。

え〜きなこ餅ってあのだれでも知ってるきな粉がまぶしてあるの?

って思われますね。

きな粉をまぶすのではなくて、せっかくもちつき機でお餅を作るなら、

こねる時にきな粉を練り込んできなこ餅を作ってみて下さい。

もち米1キロにつき、きなこは大さじ3杯くらいで。

お好みでちょっとたっぷり入れた方が風味が増しますね!

もちつき機でこねる前の段階で入れてあげて下さいね。

できたお餅はのしもちにして、切っておけば食べたい時に食べられますからね。

そこでこのきなこ餅を使っての粋なレシピをご紹介!

長細く切ったきな粉餅をトースターで焼き目がつくくらい焼いてあげます。

これだけでもなんだかおしゃれな見た目になりますし、

ぱくっと食べちゃいたいですね。

こちらの焼けたおもちをお汁粉として、

またはぜんざいとして頂くのです。

いつものお餅がきなこ風味で、あんことマッチしてますよ。

信玄餅風にもできますよ。

たっぷりのきなこと黒蜜をかけてあげると、

おもち自体のきな粉の風味もありとろける美味しさです。

黒蜜ときな粉のハーモニーが

大好きなわたしはいくらでも食べられますよ。

餅の気になるカロリーは?ご飯より高いの?

お餅が好きでついつい食べてしまいます。

夕飯前でも2個くらいならペロリといけてしまいますね。

そうなると気になるのがお餅のカロリーです。

ご飯よりも高いのでしょうか?

100gで比べてみると、お餅の方がカロリーが高いです。

切り餅パックではだいたいがひとつ50gですので、二つで100g。

そのカロリーは235キロカロリーでした。

ご飯の100gというと小さなお茶碗1杯分でカロリーは168キロカロリーです。

そうなると、夕飯前にお餅を食べてしまった時は、

ご飯はいつもより少なくした方がいいですね。

それか235キロカロリー分の運動をするかですね!

ランニングだと30分ほどかかってしまいます。

それはちょっと大変ですね。

消化がよくて、腹持ちがよいお餅なので

長距離を走るマラソン選手は当日の朝食べたりしますね!

なのでお餅をたべてしまったから、

そのまま夕飯までランニングなんてことをしても良いのかもしれません。

実際にチャレンジするなら、わたしは夕飯のご飯やおかずを減らしますが。

だってランニングはやっぱり大変ですからね〜

まとめ

こんなにお餅がかんたんにできるなら、

もちつき機を買うことを検討してみようと思います。

買うならやっぱり蒸し機能があるものがいいですね!

ずぼらなわたしは蒸し器や

せいろを出してもち米を蒸すことは

考えただけでも「や〜めた」となってしまいますから。

この冬はきな粉餅にあんこ餅に、

磯辺巻きにといろいろ作って

食べまくってしまいましょう!

ご飯とお餅のカロリーですが、

やはりお餅の方が高かったですね。

しかもお餅は甘いあんこと一緒に食べたりしたら

もっとカロリーが上がってしまいます。

気をつけなければいけません。

食べ過ぎると太るとは分かっていても、

自分で作ったお餅は格別ですからね。

ぜひみなさんもお試しあれ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする