子育て中のパートおすすめはコレが正解!体験談とアドバイス!

シェアする

スポンサーリンク

レジ

9才と7才の子どもがいる母親です。

私は、上の子が産まれるとき、当時勤めている会社を辞めました。

初めての育児、育児の時間は限られているので、

子どもとの時間を何より大切にしたかったから。

そして、一瞬一瞬の子どもの成長を見届けたい思いから、

産休を取らず、あえて退職の道を選びました。

二人目が産まれて一年後、上の子がもうすぐ幼稚園に入るし、

アパートの家賃など、出費が増えることから、仕事を探しました。

なるべく短時間で、一日3時間程度なら、

幼い子どもとの時間を大切にも出来るかなと思っていました。

時間の条件が第一優先でした。

かつ、子どもがお昼寝の時間、

午後1時30分~4時すぎまで働けるところを探しました。

午前中にたくさん子どもと遊んで、疲れさせ、

午後から祖母の家に預けてお昼寝させてもらう、というのを理想としていました。

そんな都合の良い働き場なんてないかなと思っていましたが、

地元のスーパーに電話で問い合わせたところ、

希望の時間ピッタリで働かせて頂けることになりました。

内容は、精肉部門の品出しでした。

ちょうど午後から便が届くので、希望の時間と一致していました。

品出しの仕事は初めてでしたが、接客もほとんどなく、

商品の陳列のやり方、割り引きシールのはり方など、

すぐに覚えられる仕事内容でしたので、心の負担やストレスなどなく、

短時間、黙々と作業して帰ってくるという形でしたので、

子育てしながらの仕事としては大正解でした。

それでも時給は800円程度でしたので、月に3万~4万円の収入でした。

希望の時間働けて、良かったと思う反面、スーパーはとにかく寒いです。

精肉部門は冷凍冷蔵を扱うので、身体の寒さはつらかったのが本音です。

やはり時間を優先するなら、仕事内容は選べません。

仕事内容で選ぶなら、時間は選べません。

どちらを優先するかは自分次第だと思います。

その後、子どもの成長とともに働ける時間が長くとれるようになり、

精肉部門からレジ部門へ異動させてもらいました。

寒さから逃れたかったこともあり。

レジに入ってからも、子育てとの両立はとてもやりやすかったです。

一ヶ月前にシフトをくみますが、都合が悪い日は時短や休みをとることで、

家庭に負担なく働くことができました。

スーパーは働く人もたくさんいるし、融通がききやすいと思います。

他の仕事なら、言いかたは悪いかもしれませんが、代役がきかないとこもあります。

レジや品だしなら、正直、急に休んでも代わりの人がなんとかしてくれる、

少しそんな思いもありました。

といって、どうしてものとき以外は絶対休みません!

役目が重い仕事、正社員なら、

子どもの急な用事でお休みすることも、難しいのではないかと思います。

子どもが幼いうちは、融通のきくスーパーでのお仕事は最適なのではないでしょうか。

それと、スーパーにいると、家計に役立ちます。

毎日の特売、売り出し、見切り商品の時間など、スーパーの情報がいち早く得られるのです。

たまに、従業員に配られる割り引き券もとてもありがたかったです。

クリスマスや節分などのイベントでの割り引きもありました。

仕事を終えてから、買い物をして家に帰れば、

わざわざ出てこなくてもついでに買い物を済ませられました。

寒くて立ち仕事で、体力面ではつらいときがあるかもしれませんが、

家庭や子育てとの両立には適職です。

働くママさんやパパさんもたくさんいらっしゃるので、

悩みや情報の交換場にもなり、精神が救われたこともありました。

レジは接客がたいへんとも思いますが、

家に引きこもっているよりは、短時間、人とのかかわり合いをもつことにより、

育児のストレスも発散できましたよ!!

非常にオススメのお仕事です!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする