産後うつにならないために私が行動した事とは⁉

シェアする

スポンサーリンク

絶望

私がした産後うつにならないためにした方法を体験談と共に紹介します!

私は死ぬまで結婚はしない。

子供も産まないと決めていました。

昔から大好きなバンドのライブへ行くことだけが生きがい。

そのための資金稼ぎは何の苦痛でもありませんでした。

本職にバイト2つを掛け持ち。

金曜日は24時間労働をしていました。

なのに…主人と出逢って約3ヶ月でデキ婚

周りの人は全て敵だと思って生きて来た私にとって

ママ友とか保育園とか子供会とか…

それはもう恐れ多いものばかり。

1度は中絶も考えましたが、

ありのままを受け入れてみようと思えたのは、やはり母性本能でしょうか。

実家の母とは何十年も疎遠で頼ることが出来ず、

主人のご両親は早くに亡くなってしまっていたので、出産・育児と本当に苦労しました。

主人は亭主関白と言うか、自分が友達と楽しく呑みに行ったり、

遊びに行ければ良いタイプの人だったので、協力をお願いしてもダメ。

入浴の補助どころかオムツすら替えたことがありません。

子供と2人きりの生活はキツイの一言。

大人と会話したい。働きたいが当時の口癖でした。

娘が6ヶ月の時に独身のお友達の家を転々と家出したこともありました。

産後うつは友達や先輩ママとの出会いで回避!

友達

でも、気分転換にお散歩へ出かけた時に

近所に住む先輩ママさんと出逢い、お家を行き来する仲になりました。

これがもう本当に救い。先輩ママが女神様に見えました。

支援センターと言う施設があることを教えてくれたのも先輩ママでした。

周りは全て知らない人ばかりでしたが、

子供のためと割り切って、支援センターを訪問してみると、

ただただビックリ。

アットホームでおもちゃもたくさん。

歌やダンスを教えてくれることもありました。

心配事も支援センターの先生方や同い年のママに聞いてもらってスッキリ!

みんな同じなんだと安堵しました。

支援センターへは仕事の復帰が早まったこともあり、

4ヶ月ほどしか通えませんでしたが、5人のママと仲良くなり、

連絡先を交換するようにまでなりました。

今、娘は4歳ですが、月に1度集まって遊ぶほど仲良しです。

お誕生日会やハロウィンパーティー、クリスマスパーティーを開催したり、

動物園や水族館へ行ったりもしています。

今週末にはそれぞれの旦那さんも連れてBBQ。

家族ぐるみで遊べる日が来るなんて!もう物凄く楽しみです。

ママ友募集と言うネット掲示板を利用するのも1つの手段

ネット

ただ私のように支援センターへ行くことが出来ない人見知りなママさんは、

ママ友募集と言うネット掲示板を利用するのも1つの手かと思います。

実際、私も掲示板に登録して、4人のママと繋がることが出来ました。

最初は掲示板でのやり取り。

ある程度仲良くなったらLINEへ移行。

LINEだけの会話を3ヶ月ぐらい続けて、

自然とお互いに直接逢ってみない?

子供を一緒に遊ばせてみない?と言う流れになりました。

主人には騙されてたらどうするんだ!ネットは危ない!

男がきたらどうするんだ!と怒られましたが、

そこは第六感!

ママ友に悪い人はいない!と信じることです(笑)

私は被害にあったことがありません。

ネットで知り合ったママ達とは2ヶ月に1度のペースで遊んでいます。

お友達が増えると遊びに行く機会も増えるし、

色んな情報や刺激を貰えるので、多いに越したことはないと思います。

子供を産む前の自分に大丈夫だよと教えてあげたいぐらい。

産後うつにならないようにするためには

自分自身が色んな経験をして行動することではないでしょうか。

私みたいに周りが協力してくれなくて大変な思いをしているママさんも多いと思います。

でも、助けてくれる人も多くいます。

自分にためにも子供のためにも一緒に頑張りましょう!

問題が起きても必ず解決策を見出せます。

私はフルタイムで仕事をしていますが、

職場で先輩や同僚に愚痴を聞いて貰うとストレスも溜めずに済みますよ♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする