楽しく子育て、家事の時短テクニック、誕生日を盛り上げる秘訣公開!

シェアする

スポンサーリンク

window-1148929_1920

楽しく子育てする秘訣

私には1歳の息子が1人います。

今はなんでも自分でやりたがる年頃で部屋も汚くなり

すごくストレスに思うこともたくさんあります。

しかし、主人にアドバイスをもらい

それから育児が少しずつストレスフリーになったので

それをご紹介しようかと思います。

たいしたことではないですが、まずは少しくらい汚くしても怒らないことです。

当たり前ですがまだまだ片付けという考えはありません。

そんな子どもに片付けやきれいに部屋を使うということを求めてもこちらがまいってしまいます。

なので、広い心で受け止めるっていうのがすごく必要だと思ってます。

細かなことは気にしないで適当に家事をするということは

すごく重要だと日々感じております。

考え方1つで生活が変わってくると思います。

もう1つも当たり前のことかもしれませんが、

ダメなこと危ないこと怪我してしまう恐れのある行動に関してはきつく怒り、

なにか良いことをしたときは全力で褒めます。

自分で歩くようになると机の上に登るのはよくあることではありますが、

やはり転落の恐れがあり万が一落ちてしまったときに

当たりどころによっては大きな怪我に繋がる恐れがありますよね。

なので、我が家では誰かに怪我をさせてしまいそうなときや

本人が怪我してしまいそうなときはきつめに怒ります。

きつめがポイントです。

逆にお手伝いしてくれたり良いことをしたときにはとにかく褒めます。

このメリハリが重要です。

常に怒ってしまうと子どもも親の顔色を伺って生活するようになってしまいます。

それだと大人になったとき自分の意見を言えずに

心のどこかにおさめておく、そういう子になってしまう可能性が高いです。

やはり我が子には自分の意見を言える子になってほしいというのは

子どもをもつ親なら誰でも思うことだと思います。

そんな子に育つには親がもっと気楽に楽しくメリハリを大切にして

育児をしていくべきではないのでしょうか。

こちらが笑顔だと子どもも不思議と笑ってくれます。

悲しい顔、怒った顔ばかりしてると子どもも同じ表情になってしまいます。

私は自分の子にはずっと笑顔でいてもらいたいです。

そのためにもこちらは明るく接するべきだと考えます。

明るくいるとなんとなく同じ毎日でも楽しく過ごせますよね。

ぜひ悩んでる人にはやってもらいたいです。

家事の時短テクニック

そうじ

次は家事の時短テクニックです

私はパートで朝から夕方まで働いてます。

夕方まで働いて保育園の迎えまでの約1時間の間に

夕飯、洗濯の片付け、部屋の掃除などを行ってます。

やはり1時間では終わらないことも多いです。

土日はなるべくゆっくり息子と遊んでたいので家事の時短は大切です。

実践してるのが、同時にすべてを少しずつ進めるということです。

どういう子とかと言いますと、私はだいたい煮込み料理がある場合は料理を先にやります。

弱火で火をかけたら、洗濯物を取り込みます。

取り込み終わったら次はトイレ掃除をしてお風呂に洗剤をばらまきにいきます。

ばらまいたあとは、キッチンに戻り焦げてないか確認をします。

確認し終わったら、洗濯物をたたみ片付けます。

片付け終わったらまた料理を少しします。

その繰り返しで同時に少しずつ進めています。

これをすることにより無駄な時間がなくなりますし同時に終わらせることが出来ます。

時間との戦いなのでこの方法が私にはあってるきがします。

掃除だけをするときは洗剤が必要なところには

最初に洗剤をつけておいて1番時間のかかる順にやっていきます。

そうすると洗剤をつけておいてあるので

汚れも落ちやすくなりますし

なにより全部が同じくらいで終わりきれいになります。

一石二鳥だと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

クリスマス、誕生日を私なりに盛り上げる秘訣

パーティー

クリスマスや誕生日、ハロウィーンなどは準備が大変ですよね。

でも、子どもの喜んでる姿は見たいって思いますよね。

私はクリスマス、誕生日などのイベントは全力でやりたいのですごく時間はかけます。

光の装飾品をつけてみたり

100均のスプレーや窓にはるシールやパーティーグッズをたくさん買って

いつもとは雰囲気の違う部屋などを演出します。

我が家は演出だけでなく普段食べれないような

少しこったメニューもたくさん出します。

お金も時間もすごくかかって大変ですが

家族の笑顔が見られると思うと大変なことも忘れてしまいます。

普通ではありますが普通なことを全力で頑張るのが私の秘訣です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする