なんとかしたい!マフラーをはずす時のパチパチ静電気…素材の組み合わせが鍵だった?

シェアする

スポンサーリンク

マフラー

寒いからマフラーをしたいけど、あのパチパチ静電気がどうも苦手なんです!

なんて方はぜひ静電気対策を考えてみて下さい。

静電気はどうして起こるのか、素材などにも関係があります。

ではマフラーはどんな種類の素材ならば

あのパチパチ静電気に困る事はないのか?

次に買うマフラーでは知っておきたいですよね!

みなさんもご一緒に静電気について知っていきましょう!

マフラーの静電気対策!面倒くさい人は静電気防止素材を選ぶのもあり!

寒い時期には必ず静電気で困っています。

私は髪の毛が長くて、寒い冬はマフラーで髪の毛ごと巻いてしまいます。

自転車でかっとばして出勤するときも便利で良いのですが、

会社についてマフラーを外すときは痛いほどに静電気が発生してしまいます。

特に寒くてナイロン素材の肌着を着ているときに

静電気がひどいような気がしていました。

しかし静電気発生のメカニズムをもとから知ろうと思うとなかなかややこしそうです。

簡単にすると、

素材の種類によっては、電気がプラスに働くものとマイナスに働くものがあります。

それもプラスに強く働くものと

マイナスに強いものを組み合わせて着ると

静電気が発生しやすくなります。

なので静電気が発生しにくくするために、

同じプラスに強いもの同士の組み合わせ、

マイナスに強いもの同士の組み合わせだと良いのですね。

特にポリウレタン、アクリル、ポリエステルはマイナスに強く働く素材です。

髪の毛はプラスにもっとも強く働いてしまうので、

ポリエステル素材のフリースの服を着ていると、

髪の毛とのまさつで静電気が発生してしまいます。

ウールやレーヨンなどはプラスに強く働く素材です。

なのでフリースの服を着て、ウール100%のマフラーの組み合わせだと

あのイヤな静電気が発生しやすくなります!

ぜひ気をつけて頂きたいです。

ちょっとややこしかったかしら?

フリースの服も着たいし、

お気に入りのウールのセーターもあるしと面倒臭くなってしまった方は

静電気防止素材が入っているマフラーのご購入を検討してみて下さい!

マフラー選びは素材から考えよう!種類と特徴

髪の毛が長いとマフラーとのまさつで静電気が発生してしまいます。

髪の毛と同じくプラスに働く素材のマフラーからご紹介しますね!

まずウール素材です。

保温性が高いのがウールの一番の魅力ですね!

寒い冬には暖かいのが一番ですもの。

だけど首回りでちくちくすると気になってどうしようもなくなります。

これはぜひ買う前に手に取って試してみた方が良いですね。

レーヨン素材になると、軽めのストール感覚で使用するのもおすすめですね。

肌触りが良いのと光沢があり美しい素材であり、

華やかにしたいときなどにも最適です。

ウールやレーヨン素材のマフラーのときは、

フリース素材の服と合わせると静電気が発生しやすいので要注意です。

では最後にアクリル素材のマフラーです。

アクリル素材になるとウールに比べるとお安く購入できます。

お安いのは最大のメリットですね。

お好きな柄や色で何本かそろえる事もできるでしょう。

気づいたら毛玉が!なんてこともありますが、

洗うときに気をつけてあげたり毛玉取りで取ってあげれば大丈夫ですよ。

フリース素材の洋服を良く着る方には、

ウールよりもアクリル素材のマフラーの方が静電気が少なくてすみますよ!

ステキなマフラーはいろいろと種類があってどれを買おうか迷ってしまいますね。

静電気対策も考えて、それぞれの素材を持つのも良いかもしれません。

ご予算の都合もありますからね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

毎年静電気で困っていた私も、マフラーは素材選びが大事だと分かりました。

この冬は静電気にじゃまされずに、

暖かくして外出したいですね!

みなさんもお気に入りのマフラーを見つけて

ぜひおしゃれをしてお出かけしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする