いらない本は処分するよりアプリで売る時代!お金が入って一石二鳥!?

シェアする

スポンサーリンク

本

家にある不用品やいらない本は、

捨てたり処分するよりも、アプリで売る方が断然お得!

お金が入って部屋も綺麗に片付くので一石二鳥なんです

昨年の大掃除のことですが、

年末の寒い時期に一度にたくさん掃除をするというのはとても気が滅入るので

まだ暖かい10月頃から少しずつやることにしました。

その中で私にとって一番の関門は自分の部屋の掃除です。

実家に戻ってから10年ぐらい本を買い集めており、それが高い塔になってそびえたっています。

もうずっとそのままで今までは掃除をする時はそこを避けてやっていたのですが

いい加減、歩けるスペースがなくなってきたので

ようやく動かすことにしました。

そこには一体どんな汚れが溜まっているのかと戦々恐々としていたのですが、

意外とそこまで汚くなくてほっとします。

しかし、虫の幼虫かさなぎの小さな抜け殻があったのはショックで

やはり掃除はきちんと隅々までしないといけないと反省しました。

あと溜めていた本は大体読んでいたのですが再び読み返すかもしれないと

ずっととっておいたのですが、もうこれは読まないなと思ったので処分することにします。

そこで、強い味方は人気のフリーマーケットアプリで、

当時は商品のバーコードを読み取って出品するシステムができたばかりだったのですが、

それにより商品名などを自分で入力しなくて良くてとても便利でした。

あと自動で値段を決めてくれるシステムもあり、高いのがあれば安いものもあり、

こんなのがこの値段!?というものもあって面白かったです。

驚いたのは出品した瞬間に購入されたことで、

その相手の方からずっと探していた本だと言われました

その本は気まぐれで買ったスープの作り方の本だったのですが、

そんな特別な本だとは思っておらず色んな価値観の人がいるものだと勉強になったものです。

それから連日、本は売れて発送作業に追われることになるのですが、

まだ暖かい秋のことだったので良い散歩になりました。

部屋はすっきりし、お金も入って一石二鳥の大掃除だったので感慨深いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする