油性ペン汚れの落とし方きれいに消す方法(耐水素材のみ)

シェアする

スポンサーリンク

GREEN_magic_TP_V

紹介するのは、

クリアファイルのようにツルツルした素材についた

油性ペンの跡をきれいに消す方法です。

例えば、何か書いているときに失敗してしまったとき、

子供がいたずら書きをしてしまったときなどに、

それが水を通さない素材であれば消せる可能性が高いです。

では、その方法を説明します。

用意するのは、マニキュアを落とす除光液(100均でも買えます)とティッシュの2つです。

やり方は簡単。

除光液をティッシュに染み込ませ、落としたい部分をこすります。

すると、特に力を入れる必要もなく汚れが落ちます。

もしニオイが気になるようでしたら、

汚れが落ちた後の部分をウェットティッシュ等で拭くと気にならなくなると思います。

この方法で、汚れはほぼ完全に消えます。

ただし除光液を使う際には、大きく3つの注意点があります。

ひとつは、ネイルをしている場合はポリ手袋などをつけることです。

そもそも除光液はマニキュアをとるためのものなので、

取りたくない場合はしっかりカバーしておきましょう。

ふたつめは、汚れがついている素材についてです。

クリアファイルやプラスチック製品などはほとんど大丈夫ですが、

紙や布などインクを染み込んでいる素材にはこの方法は使えません。

汚れが滲んで広がってしまうので避けましょう。

また、プラスチック製でもスポンジ感のある素材だと、

紙と同じように染み込んでいる場合があるので要注意です。

そして最後は、換気をしっかりすることです。

除光液の蓋を開けるとツンとするニオイがするため、

窓を開けたり換気扇を回すなどして空気を循環させましょう。

特に子供やペットがいる近くでやる場合、必ず注意してください。

このように注意点はいくつかありますが、

正しく行えば、汚れがなかったかのようにきれいになります。

除光液も、最近ではシート状のものやツンとしにくいものが増えてきているので、

ひとつ持っておくと便利だと思います。

よかったら試してみてくださいね^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする