百里基地航空祭のアクセスや駐車場などの混雑状況オススメポイント紹介

シェアする

スポンサーリンク

aeroplane-161999_1280

百里基地航空祭とは

茨城県小美玉市茨城空港(航空自衛隊百里基地)で行われる

航空自衛隊の航空ショーです。

茨城空港はもともとは航空自衛隊の基地でしたが、

民間との共用化により茨城空港として民間利用もされるようになりました。

そこで3年に2回のスパンで航空自衛隊によるエアショーが行われます。

毎回秋に行われておりましたが、今年2018年は12月2日に行われます

基本的に入場料は0円です。

基地が広大なため移動用に当日基地内を周回バスが走っており

基本的にイベントはその運賃と飲食代しかかからずに

大迫力の飛行機ショーを見ることができます。

アクセスですが、公共交通機関で行く場合、

JR常磐線の最寄り駅石岡駅から距離があるため、当駅より臨時バスが会場まで出ています

車で行く場合は、基地内に臨時駐車場が準備されます。

駐車場代は無料です。

普段入ることができない、航空基地内を駐車場まで車で運転できます

この時、運良く飛行機が離陸するタイミングと合うと

滑走中のジェット機と離れてはいますが並走しているような状態を経験できます。

実際に一度並走できました。

そういう意味で自動車で行く方が貴重な体験が出来るので大抵車で行っています。

当日イベント開始時刻近くは基地周辺は大渋滞となります

早い時間帯の到着を目標にすると往路は渋滞に巻き込まれません。

帰路の渋滞は国道6号線に出るまで続きます。

来客数は5万人程と公開されていますが、

一般の方が行動できる範囲が広大なため

そこまで混雑している感覚はなくほとんどストレスを感じたことはないです。

飲食物の出店に並ぶ際と仮設トイレの利用時に混雑を感じます

展示されている戦闘機のコックピットの見学や

自衛隊機材の体験見学は長蛇の列となりますが、

航空機が飛行しているときは空くことがあるのでチャンスです。

毎回行ってよかったと思って帰ります。

とにかく、滅多に体験できない迫力を感じることができ、

又、ブルーインパルスの展示飛行は迫力と美しさを同時に見ているような感じです。

関東では、入間基地の航空祭もありますが、

混雑具合、基地内での行動可能範囲、ショーの内容、

地上展示物の内容等、私は百里基地の方をオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする