ひらどツーデーウォーク大会に行った体験談!参加費やオススメポイント紹介

シェアする

スポンサーリンク

XEM626001_TP_V

平戸ツーデーウォーク大会

私は去年の10月初めて長崎県平戸市で開催されている、

ひらどツーデーウォーク大会に参加しました。

1日目は平戸市生月町を歩きました。

コースは3コースあり、

生月町で有名な大バエ灯台という断崖絶壁の灯台から見る海はすごく迫力があり、

なおかつ向かい側には島などなく綺麗な海を見ることができました。

そしてカトリック協会なども見ることができました。

ウォーク自体は昼過ぎに終わりますが、

生月から見る夕日は水平線に沈んでいきとてもきれいなんだろうなぁと想像しながら歩きました。

その生月では魚のあご(トビウオ)の出汁で作ったチャンポンや、

すごく大きな丸ぼうろというお菓子を食べ、とても美味しかった事を覚えています。

そして2日目は平戸市内を歩きました。

川内峠という草原の山?みたいなところから見る景色はとても綺麗で、

海、島、向かい側の町まで見ることができました

平戸はとても海が綺麗で、食べ物も美味しいものがたくさんある街だなと思いました。

2日目のウォークでは平戸産のかまぼこが沢山販売されていたり、

いりこや乾物なども沢山販売されていましてた。

そして私が一番美味しかったと思ったものが、

平戸の婦人会の方が作ったぜんざいでした。

長いコースを歩いてゴールに着くと、ぜんざいが無料配布されていました。

私はぜんざいをいただき、疲れた体に染みるな~と思い、

婦人会の方に感謝しながらいただきました。

平戸は景色は綺麗で、美味しいものがたくさんあり、

地域の方も温かい方が多い街だなぁと思いました。

参加費:事前受付/大人1500円(当日受付/2000円)、高校生以下無料

スポンサーリンク

シェアする

フォローする