福島県須賀川市の松明あかし駐車場や行ったときの体験談

シェアする

スポンサーリンク

turumiomaturi720PAS01713_TP_V

松明あかし、日本三大火祭りのひとつ

福島県須賀川市で400年以上続く松明あかしは、日本三大火祭りの一つです。

毎年第二土曜日に開催され、雨天決行です。

このお祭りは伊達政宗に攻め滅ぼされた、二階堂家や多くの侍の霊を弔う為に始まりました。

巨大な松明は約30本、大松明、本松明、姫松明に分かれています。

会場となる五老山を目指し、人力で松明を運んでいきます。

約150人の男性が長さ10メートル、重さが3トンある大松明を担ぐ姿は壮観。

地元の中高生や女性達も大松明よりサイズの小さな松明を担いで行きます。

松明の材利はカヤ、地元の有志が5日がかりで製作した物です。

五老山山頂では、松明太鼓を披露、祭の気分を盛り上げます。

五老山山頂に運んだ松明30本を設置、時間わやかけて30本の松明が立てられます。

巨大な松明に火がつけられると、一斉に火柱が立ち大迫力。

市民が一丸となって行う雄壮な祭でした。

会場周辺には無料の駐車場が約2000台分用意、会場の近くは埋まるのが早いです。

また交通規制も引かれ、なるべく早く行った方が安心ですね。

東北自動車道の須賀川インターチェンジから車で約5分位。

また東北新幹線だと郡山を経由、東京からだと約1時間位ですね。

JR須賀川駅前から徒歩で約15分です。

面白いのは女性達用の松明や学生さん用の松明があり、大人数で会場まで担ぐ。

松明の上に人が乗っかって、エールを贈っていました。

ただただ凄いの一言でした。

会場では、屋台も出て家族連れもたくさん見られました

小さいお子さん達も屋台で買ったものを美味しそうに食べていました。

非常に混雑していましたから、迷子にならないようにしっかり手を繋いでほしいですね。

大迫力の火柱を1度生で見てほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする