餅に海苔を巻く食べ方は名前は一緒?調味料で違いはあるの?

シェアする

スポンサーリンク

Mizuho18116057_TP_V

お餅の食べ方で好きなのは何ですか?

海苔が巻いてあって、焦げた醤油の香りが食欲をそそるあのお餅。

さて、その名前はなんて言うのでしょうか。

確か磯辺巻きだったような…

お餅に海苔とお醤油とシンプルな食べ物で、いつでも作れますね。

他にも何か違った調味料を入れたりするのでしょうか?

地域によっても、作られるご家庭によっても違う事でしょう。

餅に海苔を巻いて醤油をつけるのは何て名前?

お餅を美味しく食べるレシピなんてあれば

真っ先に思いつくのは磯辺巻きです。

我が家では切り餅を網で焼いて、

あったかいうちに醤油にじゅっとつけて

それから海苔を巻いた作り方です。

でも最近ではオーブントースターで焼いたり、

時間がなければレンジでチン!しちゃいます。

簡単ですものね!

お餅をはじめからお醤油につけて焼いたり、

ある程度焼けてからお醤油にからませて、また焼くとこんがり良い香りが家中に広がります!

焼き網や、オーブンの中がちょっと汚れてお掃除が大変ですが。

ご家庭によっては順番が逆で、焼いた餅に海苔を巻いてから醤油をつけるそうです。

こちらは海苔がしんなりとなり食べやすくなりますね。

これならうえの歯茎に海苔がくっついてしまうなんてないですね。

全国的に磯辺巻きとの名前だと思っていましたが、磯辺焼きとも言います。

調べてみたら関東では磯辺焼き、関西では磯辺巻きと言われる事が多いそうです。

また関東と関西ではなく、ご家庭によっても違いますね。

いそべ餅やのり餅とも呼ばれています。

こどもはのりおもち!とも言います。

また、お餅以外でもお魚やささみなどを海苔で巻いたお料理の事を

磯辺巻きとか磯辺焼きとも言いますね。

ほうれん草の磯辺巻き

ちくわのチーズ磯辺焼き

ささみ明太磯辺巻き

などいろいろありました。

またおかきでも海苔が巻いてあったら磯辺巻きと名前が付いていますね!

餅の食べ方で甘い調味料を使ったものは何て名前になるの?

お餅が大好きな家で育ったわたしですが、実家ではこんな食べ方をしていました。

ただシンプルに焼いただけのお餅を、

小皿にお砂糖とお醤油を入れて混ぜた砂糖醤油に付けながら食べるという食べ方です。

寒い冬には灯油ストーブを使っていたので、

お腹がすいたらすぐにストーブの上でお餅が焼けたのです。

砂糖醤油は子供の私にでもすぐに準備できるので、手軽なおやつでした、

また思い出してよだれがでそうになってしまいますが、

これを友人に話してもあまり評判がよくありません。

こんな食べ方は普通ではないの?とすこし不安になりました。

ならば甘い味付けのお餅料理、

というか砂糖醤油での食べ方を検索してみたらいろいろと出てきました。

「あぶら餅」なる名前です。

油をしいたフライパンやホットプレートでお餅を焼き、

仕上げに砂糖醤油をざっとまわし入れ出来上がりです。

これまた想像できるおいしさです。

醤油がこげる芳ばしい香りも伝わってきますね!

お餅をはじめに小さく切ってから焼くと食べやすいし、海苔で挟んで食べたりとアレンジもできますね。

消化の良いお餅ですので、油で焼くと

とろとろで柔らかくなり砂糖醤油とのからみも抜群ですね!

おやつや小腹の空いた夜食にはもってこいなので、早速作ってみようと思います。

まとめ

お餅の食べ方にもいろいろありますが、

代表的で一番親しまれているのが磯辺巻きだと思っていました。

磯の香りのする海苔で巻いたから、磯辺巻きだと。

今回は調べてみていろんな名前があると知れて良かったです。

たしかに関東では磯辺焼きと言われていたような。

アメ横の屋台で売られていたのは、磯辺焼きでした!

また砂糖醤油にそのまま付けて食べるのはポピュラーではなかったのですが、

あぶら餅なるものを発見できました。

わたしにとっては新しい食べ方です。

大好きなお餅の新しい世界がまた広がっていきますね。

お手軽なパック餅はもう一年中スーパーで見かけますから、思い立ったらすぐに作れます。

みなさんもぜひ試してみて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする