話題の朝バナナヨーグルトダイエットで健康的に痩せる!?

シェアする

スポンサーリンク

bananas-1642706_1920

身体を構成する細胞を養う上で大切なものはブドウ糖です。

そんなブドウ糖は、常に消費され、

特に睡眠中に失われたブドウ糖をはじめ、

その他の多くの栄養素を目覚めに補うには、バナナが良いとされています。

バナナには、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富で腹持ちもよく、

低カロリーで美味しくいただけますね。

一般的には、バナナは高カロリーと思われがちですが、

1本当たり約86kcalで、ごはんやパンに比べても低カロリーであることが分かります。

そしてバナナには、日常生活で不足がちな栄養がバランス良く含まれていて、

健康な生活には欠かせない果物です。

それにバナナに含まれる糖質は、必要なエネルギーに変換する速度が違います。

素早くエネルギーに変えることから朝にはふさわしいですね。

朝食のデザート代わりに、バナナヨーグルトを食べる方も結構多いと聞きますが、

ヨーグルトには、皆さんもご存じの乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌を多く含んでいて、

腸内の働きを促す効果があるように、バナナの成分と相乗効果が期待出来るわけですね。

今回は、バナナパワーについてわかりやすく皆さんと考えてみましょう。

朝バナナをとると便秘知らず!?お通じが良くなる理由とは

バナナには、食物繊維が含まれていると言うことですので、

この辺から少し考えてみましょう。

この食物繊維は水溶性と不溶性がありますが、

バナナの場合には、不溶性の食物繊維で、ゲンマイなどの穀類や豆類、

野菜などに多く含まれているセルロースやヘミセルロース、

リグニンなどがありますがバナナもこちらになります。

これは不溶性食物繊維が胃の中で水分が吸収されて便秘の予防になることから、

大便の量を増やし、排泄を促して、大腸に老廃物がとどまる時間を短くします。

つまり便秘を防ぐとともに、老廃物からでる有害物質が身体に害を及ぼす前に外へ排泄してしまうことになります。

一日の必要量は確定はされていませんが、一日に20~30gは必要であると考えられています。

それにバナナには、オリゴ糖も含まれていますから、食物繊維とともに腸内環境を整える手助けをしてくれています。

そして何故バナナを朝食べる必要があるのでしょうか?

それは、もう皆さんもお分かりでしょう。

バナナに含まれる食物繊維でお通じが良くなる理由と朝は空腹状態ですので、

その空腹時に胃腸に刺激がない時に食べものが入ると、胃が拡張し腸を刺激する力が強くなるのです。

朝バナナの効果でむくみ知らず!?バナナに含まれるビタミンB1の効果とは

むくみの原因とは!?

むくみは、尿として排泄されるべき余分な水分が細胞内にたまる事です。

病気によるむくみは別として、

むくみの原因は、長時間立っていたり、水分や塩分の摂りすぎ、

女性では生理前や更年期でむくむことがあります。

むくみのメカニズムは、身体の中に食塩などに含まれるナトリウムが多くなって、

水分の排泄が悪くなり、むくむと言うしくみです。

むくみは多くは、水分代謝がうまく行われていないことで起こると考えればよいと思います。

こんな症状がでたら要注意です

☑まぶたや顔が腫れぼったい

☑指がむくむと指輪が抜けない

☑足がむくむと靴がはけない

☑一晩寝てもむくみが消えない

以上な症状の場合に朝バナナを食べることで、

バナナに含まれるカリウムによってむくみの原因のナトリウムを身体の外に排泄することで、むくみを予防します。

そしてビタミンB1は、糖分やデンプンなどの糖質を分解して

エネルギーに変える働きも分かるように

バナナに含まれるビタミンB1はエネルギーに変換する働きもあるわけです。

まとめ

栄養バランスに優れたバナナは、

育ち盛りのお子さんの一日の食事に不足がちな栄養素てしてもご活用してみてはいかがでしょう?

バナナをおやつ代わりにしてもよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする