作る時間は半分で栄養満点!卵料理で簡単朝食!

シェアする

スポンサーリンク

egg-944495_1920

朝は、主婦はみんな大忙しですよね!?

食事の支度をして子どもたちを起こして、お弁当も作って

お仕事がある人なら自分の出勤の支度までしなくちゃでしょう。

本当に猫の手も借りたいところです。

でも家族に健康のことを考えると食事は大切ですね。

できるだけ早く出来て

健康的な朝食をと考えるのは当然ですよね。

そこで短時間で作れて栄養満点で失敗なしの

朝食メニューご紹介しましょう。

卵と切れ端野菜でスープを作ろう!コンソメ一個で簡単ポトフ

朝食の定番はやっぱり卵ですね。

ゆで卵、半熟卵、目玉焼き、卵焼き。

あったかいご飯があれば、生卵で卵ご飯もいいですね。

でもそれだけではちょっと寂しいし、野菜不足になるかもしれませんよね。

卵料理の他に味噌汁を作って、

野菜サラダや野菜の煮つけなどを作るとなると時間もかかるし、

お皿の数も増えて洗いものも多くなりそうですね。

そこでおススメは卵と野菜のポトフです。

作り方はいたって簡単!

卵と野菜のポトフ

ありあわせの野菜、じゃがいも、人参、玉ねぎ、

えんどう、かぶなどを、小さめに刻んで、鍋に入れ

コンソメを一個加えて、水をひたひたに入れて火にかけます。

あればベイリーフを一枚入れるとこくが出ます。

野菜に火が通ったら、卵をそのまま割り入れ、

静かに煮て火が通ったら出来上がり。

味をみて薄かったら塩やコショウを加えます。

卵は家族の人数分入れましょう。

15分ぐらいで仕上げることができて

忙しい朝にぴったりですね。

これならば野菜もタンパク質もいっぺんに摂れて、

スープ皿一枚ですむので洗いものも簡単です。

野菜は生野菜だとたくさんは食べられませんが、

煮野菜ならかなりたくさん食べられて健康にも良いですね。

一皿できる健康的な卵料理をもう一つ!

ジャーマンオムレツ

ジャガイモ、人参、玉ねぎ、

ミックスベジタブル、ハムなど

あり合わせに材料を小さめに刻んで、フライパンで炒めます。

塩コショウで味付けし、十分に火が通ったたら、

人数分の卵を割りほぐして回し入れ、

ふたをして弱火で卵が固まるまで焼きます。

好みでケチャップをかけて温かいうちにいただきます。

こうすると野菜嫌いなお子さんでも、

大好きな卵と一緒に、野菜も食べられます。

ミニトマトなどを添えるとなおいいですね!

卵を食べ過ぎるとコレステロール過多に!?1日の適量は何個?

nest-1050964_1920

卵料理は安いし、

手軽で美味しくて失敗も少ないので万人向きですね。

でも、よくコレステロールが高いと言われている人は

あまり食べない方が良いと言われますよね。

確かに卵はコレステロールが一個で210mg含まれているので、

1日に1個以内にする方が良いと言われていました。

ところが、最近は、コレステロールは体内で合成されるので

食べ物から摂るコレステロールに上限を設ける必要がないと判断されるようになりました。

またお医者さんの調査でも

卵を毎日食べる人とそうでない人では、

コレステロールの値に大きな差はなかったことが分かりました。

ですから現在はときには

1日に卵を2個食べる日があっても良いと言われています。

特に高齢者の場合にはタンパク質が不足しがちなので、

コレステロールを心配するよりも

積極的に卵を食べてタンパク質不足を補うことが推奨されているのです。

毎日2個以上卵を食べるのは食べ過ぎかもしれませんが、

毎日あるいは一日おきに卵料理を食べるのは

ほとんど問題ないようですね。

安心して朝食に卵料理を作りましょう。

まとめ

朝食に栄養満点の卵料理はおススメです。

忙しい朝には野菜と卵のポトフやジャーマンオムレツは、

短時間に作れて野菜や卵を十分食べられるので健康的です。

卵はコレステロールが気になりますが、

最近は1日1個の卵は問題ないと言われています。

安心して卵料理を楽しみたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする