尿素クリームでシミ消し?その効果は?

シェアする

スポンサーリンク

cream-1327847_1920

普通のハンドクリームを使用されていた方なら分かっているかもですが

ハンドクリームではなかなか良い効果が出なかった

手のカサカサやかかとのゴワゴワも

尿素のハンドクリームでは、かなり効果が実感できて満足されている方は多いはずです。

尿素は、もともと角質内にあります

保湿の役割を持った自然の成分で、ごく少量ですが汗などにも含まれています。

水によくなじむ性質もあるために保湿剤として医薬品として使用されることも多いです。

尿素には、タンパク質を分解する能力があり

お肌の角質層には、ラフチンと呼ばれていますタンパク質でできていますから

尿素は、この硬くなったお肌の角質層を柔らかくするごとが出来ます。

つまり尿素の機能でお肌の角質を溶かす効果により、ゴワゴワの角質を柔らかくするということです。

さらに手のゴワゴワと同様にかかとの頑固な角質を改善するにも尿素クリームは活用出来ます。

☑注意しなければならない点

尿素クリームは、問題のない箇所に使い続けると

その部分のバリア機能を失い肌荒れの原因となってしまいます。

また10代の方のような若い方は、

角質が少なく肌も柔らかいので使用すると乾燥などで逆効果になります。

そして、敏感肌の方には、刺激が強すぎて不向きです。

使い始めは良い感じでも使い続けると皮膚に赤みが出たり、

ピリピリ痛みが出てくることがありますから敏感肌の方には要注意です。

症状が改善されたら使用を控えるべきです。

肌のバリアの低下によって、シミ、シワ肌荒れ、乾燥といったトラブルの原因になります。

驚き!尿素クリームで黒ずみが!

尿素には、タンパク質を溶かしてくれる効果があるため

皮膚が黒ずんで固くなってしまった角質を分解してくれるんです。

皮膚が厚くなり、乾燥した肌に尿素クリームを使用すると

ターンオーバーを促してくれる効果があります。

ターンオーバーを促してくれると言うことは、

古い角質層がはがれ落ちるスピードが速くなると言うことです。

そしてこの古くなった角質層が、早いスピードではがれ落ちてくれるのは、

肌の黒ずんだ部分も、やがて流れ落ちてきれいになっていきます。

手触りが少しずつでも柔らかくなって、

ブツブツが固くなってしまっている場合には、効果もわかりやすいと思います。

尿素には角質層をしっかりとその水分を保ってくれる成分ですので、

特に肌環境を良くしてくれる効果はあると思います。

皮膚自体、土台からしっかりと作っていかなけば、

いくら表面だけを良い化粧品を使用したとしてもあまり意味はありません。

尿素を使用することで、肌を土台から改善することができれば

二の腕のブツブツ改善にも一定の効果があります

正しく使うとすごい!尿素クリームの効果とは!?

大気中の空気が乾燥状態になります

冬季は、特に女性にとっては憂鬱な季節になる方も多いはず…

指先や手の甲のカサカサに欠かすことの出来ないものがハンドクリームや美容クリームで、

これは必需品として毎日重宝されています。

特に手は、生活感がでやすいところで毎日のケアはとても大切ですね^^

例えば、外出から帰ってきた時やキッチンで洗い物をした後には手荒れの原因となります。

また、かかとのゴワゴワなどにも

乾燥の季節のスキンケアに欠かすことが出来ないのが尿素クリームですね。

今回は、そんな冬季に悩んでいる女性の皆さんのスキンケアについて考えていきましょう。

まとめ

尿素クリームは、皮膚の角質除去、

乾燥状態の改善に効果が期待できるクリームであり

あまり継続的に使用しますとバリア機能が失われて

肌のトラブルの原因にもなってしまいますので使用には細心の注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする