プールウォーキングは陸上より消費カロリーが多いってほんと!?

シェアする

スポンサーリンク

002TSURUTAMA17529_TP_V

本格的に暑い夏になってきましたね!

外に出て少し運動、ウォーキングでもしようと思っても、

暑さにやられて気分が滅入ったり、続かない方も多いんではないでしょうか?

そんなとき、プールに入って楽しみながらウォーキングできたらなぁ

なんて思っている方もおられると思います。

実は、プールでの運動はメリットがたくさんあるんですよ!

それではそのメリットを紹介して行きますね^^

プールでのウォーキングは腰痛持ちにもオススメ!

プールでのウォーキングには主に二つメリットがあります。

ではそちらを紹介して行きますね。

①消費カロリーが多い

こちらは意外に思われるかもしれませんが、ウォーキングは水の中の方が効果的なんです!

みなさんが普段行われているような陸上でのウォーキングは

1時間で約150キロカロリー消費されると言われていますが、

水中でのウォーキングはその倍以上の約360キロカロリーが消費されます。

より短い時間で運動ができダイエットにも効果的なんですね。

それに加えて、暑さも気にしないで運動できますので一石二鳥ですね!

②体への負担が少ない

普段、陸上でのウォーキングでは重力がもろにかかってしまいます。

その上固いコンクリートの上を歩きますので

腰や膝への衝撃を吸収するクッションがありませんが、水中では浮力が加わってきます。

その結果、体にかかる負担が軽減されます。

そのため、腰や膝に不安がある方、特にお年寄りの方々には大変有効な運動ということです。

しかし、水中では自分の知らないうちに水分不足になることが多いので

こまめな水分補給は忘れないでくださいね!

プールから上がったらお肌の手入れを忘れずに!乾燥肌にも効果的な保湿剤

a0027_002719

プールから上がった後、肌が荒れた経験をお持ちの方はいらっしゃいますか?

それにはいくつかの原因がります。

日焼けはもちろん、消毒時に使用した塩素の影響で肌が荒れたりしてしまう方も多々おられます。

そうならないための対策がございますので紹介して行きたいと思います。

プールの後はよくシャワーを浴びる

こちらは基本中の基本ですね。

プールの水に含まれる塩素を洗い流すために効果的ですので、隅々まで流すようにしてください。

水分補給を忘れない

先ほども少しだけ触れましたが、プール内では思ったより水分が放出されます。

しかし汗かプールの水かわからないので水分補給を怠りがちです。

自分が思ったよりも早く、1時間をめどに水分補給をして肌に潤いを与えてあげてください。

プールでも使える日焼け止めを使用する

現在では数多くの耐水性の日焼け止めが市販されていますので

自分の体にあったものを使用して、日焼けからくる肌の荒れを防止しましょう!

保湿剤を使う

こちらも耐水性の日焼け止めが市販されています。

できれば、プールに入る前後で使用すると効果的です。

私が使用している保湿剤は定番ですが、花王のニベアクリームです。

缶に入っているやつですね。

肌になじみやすく、薄く塗ることができますのでオススメです!!

それと同時に、髪の毛の保湿も忘れて欲しくないです。

私個人の意見ではマンダムの製品はどれも良質なのでオススメです!!

ヘアケアも忘れずに。

まとめ

このように、プールでのウォーキングはメリットがたくさんありますが、

肌の荒れを気にしている方は最後に述べた4つを最低限守っていただいて

運動をしていってください。

これからの季節プールでのウォーキングの機会は増えますので、

より効果的に気持ちよくやっていただいたらと思います!!

それでは頑張ってくださいね!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする