心に届くはがきの書き方 !お礼はストレートなほうが吉!?

シェアする

スポンサーリンク

writing-1209121_1920

「はがきを使って相手に感謝の気持ちを伝える」

日常でこんな場面はありますか?

最近はメールやスマートフォンがとても便利なため

はがきを書く機会というのはとても減っていると感じます。

こんな時代だからこそ、あえて出すハガキに効果があります^^

「先日はありがとうございました」

この一言をメールで送れば、1分もかからない作業です。

同じことをはがきで伝えた場合

丁寧に文字で書いて、切手を貼って、ポストに入れて

しかも相手に届くのは1、2日後・・

効率が悪いと思う方が多いと思います。

それがいいんです!!

メールやはがきをもらう方の立場になって

少しだけ想像してみてください。

日々たくさん送られてくるメールの中の一部として

読んだらすぐに削除してしまいませんか?

私はそうでした。

ではハガキでしたらどうでしょう?

あれ?あの人わざわざはがき出してくれたんだ!

と、少し手を止めてその人のことを思い出しますね。

もらった方はこのはがきを見ながら色んなことを思い出すのではないでしょうか。

「この人、字が下手だな~」とか

「この人、意外とかわいらしい文字書くんだな~」などなど

少しでも相手の印象に残れば

出して良かった!となりますよね^^

毎日100通のメールがくる人はたくさんいますが

毎日100枚のはがきがくる人はほぼいないと思います。

せいぜい2,3枚ぐらいでしょうか?

目立ちますね!

「効率より効果」を求めて

はがきで相手に気持ちを伝えることに挑戦してみましょう!

意外と難しいはがきの宛名書きテンプレートで楽々!

quill-175980_1280
いざはがきに挑戦しようとしたときに

まず大変だなと感じるのが宛名書きです。

宛名面は特にいろんな人に目を通される部分です。

会社あてだと本人に届く前に受付の方や

郵便物を仕分けする担当者に見られますし、

個人宅あてでしたら本人以外の家族が見ることもあります。

文字のきれいさに自信がある方なら良いですが

自信がない人にとって手書きは少しハードルが高いですね・・

特に最近の方は文字を書く機会が昔に比べてかなり減っているので

丁寧に書くという作業だけでも一苦労することも・・

そんな悩みを解決してくれるのが

「あて名のテンプレート」です。

インターネットで検索してみると

様々な無料テンプレートが用意されています。

これはありがたい!!

是非活用してください。

「でもすべて手書きの方が気持ちが伝わるのでは?」

と思う方もいるかもしれませんが、

あて名面はきれいにこしたことはないと感じます。

その分、裏面で2倍がんばってください^^

あて名はあくまでも名前と住所を書くだけですので

自分の気持ちを伝えることは難しいです。

裏面には最初から何か印刷されているものが多いかと思われますが

そこに自分なりの一言を書き加えてください。

書き加えるときには送る相手のことを思い出しながら書いてください。

ビジネスマンがその日の商談のお礼で出すなら

商談中に出てきた雑談の内容から拾ってくるのもアリですね!

ただし、個人情報にうるさい世の中ですので、

あまり具体的な内容は避けてください。

はがきの宛名は縦書き横書き?TPOに応じて使い分けよう

先ほどご紹介した「無料テンプレート」は大きく分けて2つの種類にわかれます。

それは「縦書き」「横書き」です。

毎年届く年賀状を見てみると

縦書きの人もいれば横書きの人もいますね。

言われるまであまり気にする人はいないかもしれませんが

ここではどちらが正解なのかをお伝えします。

結論からお伝えすると

一般的だといわれているのは「縦書き」になります。

ただし、裏面にプリントされた文字などが横書きの場合は

宛名面も「横書き」に合わせる場合があります。

というより合わせるのが一般的です。

裏面もしっかり見てから宛名をどちらにするか判断してくださいね。

まとめ

メールが一般的な連絡手段となっている世の中ですが

そんな中であえてひと手間加えてみませんか?

書いてみると案外色んな工夫をしてみたくなります。

テンプレートを見てみると文字体もいろんな種類を選べたりします。

ビジネスで少し固めな雰囲気を演出するなら筆文字を選んだり・・

親しい友人や家族に出す場合は

少しポップな文字で親近感を演出したり・・

意外と楽しくなってきますよ!!

これを読んで、はがきを書いてみよう!

と思ってくれる人が少しでも増えてくれたら嬉しいです^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする