日焼け止めはもうやめた!日焼けによく効く食べ物はこれ!

シェアする

スポンサーリンク

glasses-3477664_1920

日焼けに良い食べ物を考えた場合は、

やはり紫外線防御と抗酸化作用を考えるべきでしょうね。

それに心身ともに健康であるためには、まず食事からとバランスも大切ですね。

成分的には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE,、リコピンが代表的です。

ビタミンCは、抗酸化作用がありますし、

紫外線に含まれる活性酸素を抑える効果があります。

ビタミンCが豊富でしかも身近なものは、イチゴです。

毎朝5~6粒くらい食べます。

ヘタを取る前に洗って食べると、

ヘタを取ってから洗うとビタミンが水に流れ落ちるしまうそうですから、

それに絶対に加熱はしないことです。

加熱によりビタミンが壊れてしまいます。

それにイチゴは食後に食べた方がビタミンの吸収が良いです♪

☑アセロラジュース

ビタミンCの含有量が多いことと、

アセロラに含まれるポリフェノールの中のアントシアニンにも抗酸化作用があり

日焼けによる活性酸素とメラニン生成を抑えますよ^^

☑ビタミンE

抗酸化作用の強いビタミンCと一緒に摂取すると

相乗効果で血行がよくなり、新陳代謝を高める働きもあります。

日焼け後の必要な栄養素でアボカドやアーモンドに多く含まれています。

☑ビタミンA

抗酸化作用に加えて乾燥肌の予防にも効果的です

免疫力を高め、日焼け後の疲れた身体に必要な栄養素です。

鳥レバーや豚レバーなどに含まれています。

☑リコピン

抗酸化作用が高く、

特に紫外線を浴びた時の活性酸素に対する抗酸化力が期待できます。

肌へのダメージを回復に導いていきます。

トマトに多く含まれています

今年の夏は日焼け止めにさようなら!?絶対焼けないUVカットグッズ!

日差しがまぶしく、紫外線の強い季節がやってきました!

真夏には、アウトドアスポーツに海や山に色々なレジャーに出掛けて、

ついうっかり日焼けと言う方も今の季節に多いですね^^

もちろん普段から気をつけているも多いでしょうが、

実際に肌が紫外線を受けますとダメージも大きく、

後になってシミやシワの原因になって現れてきます

紫外線の種類と肌への影響は?

光老化と言われるのは、紫外線によるものです。

この肌に大敵な紫外線は、2種類あります。

それぞれ異なる特徴を持っていて、

一つのUV-Aは、メラノサイトを活性化して時間ともに日焼けを起こすものです。

すぐに反応はなく、じわじわとダメージを蓄積するタイプで、

少しずつ光老化が進行します。

悪いことに波長が長く肌の真皮まで到達する紫外線です。

コラーゲンやエラスチンを壊したるみやシワの原因となり免疫力低下にも関係しています。

次にUV-Bは、肌の表面のメラニン色素を活性化してすぐに日焼けを起こすものです。

翌日に赤くなるのは、この影響です。

波長は、UV-Aに比べ短く、肌が真皮までは届きませんが

皮膚の表皮細胞を傷つけるパワーを持ち

シミは、勿論皮膚ガンの原因となります。

家事のための日焼け止めなんて必要ないって人の紫外線対策は?

taiyou

特に夏場は、日差しが強いので紫外線対策を忘れている人は、いないでしょうが

実は、紫外線は1年中降り注いでいますので、

肌は常にダメージを受けていると考えた方がいいかもしれません。

今回は日焼け止めは必要ないと考えた場合ですから

家事などの日常生活の中ですぐ可能な紫外線対策は、

日傘や帽子にサングラスを利用する。

そして外出時には、長袖などで肌を露出させないことになりますね。

外出はできるだけ紫外線の強い時間帯を避けて行動することが大切でしょう。

最近話題になっていました飲む紫外線対策があります。

商品名は、ホワイトベール【楽天】と言うもので、

成分的にも植物由来とかで、外出前に2錠を飲むだけで

後は、紫外線に気にすることなく活動出来ます。

副作用もなく安全性も確保できていますよ♪

まとめ

日焼けは、紫外線の影響が大きく、

紫外線が肌に侵入することを防ぐ対策として

抗酸化力の強いビタミンを摂取することで

日焼け防止効果が高いことが分かって頂けたと思います^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする