梅雨の時期の洗濯は大変!部屋干しの嫌なにおいをエアコンで吹き飛ばせ!!

シェアする

スポンサーリンク

豢玲ソッ迚ゥ縺ョ濶イ遘サ繧翫r髦イ豁「縺吶k邁。蜊倥↑譁ケ豕輔→關ス縺ィ縺玲婿

キレイ好きな日本人は、比較的けっこう洗濯が好きなので、きっとあなたも洗濯は嫌いではないはず。

でも、梅雨で思うように洗濯ができないと、洗濯物もストレスもたまって本当に大変ですよね。

なんといっても一番困るのは、洗濯物を干すことです。

部屋干しすると部屋の湿気に困ったり、洗濯物が嫌なにおいがしてしまいます。

この問題を解決してくれる強力な助っ人が「エアコン」です。

部屋干し+エアコンの除湿(ドライ)機能で乾かすのがおすすめです。

洗濯物の部屋干しは、室内に湿気がこもってしまいますが、

エアコンのドライ(除湿)をかけることで、部屋の湿気を外へ逃がしてくれます。

そのため、洗濯物が早く乾くだけでなく、

部屋干しの嫌なにおいにが解消したり、湿気でじめじめとした部屋の不快な感じも解消できます。

洗濯物を干す問題が解決すれば、梅雨の時期も怖くないですよね。

ママの顔もスッキリ!

後は部屋のなかでお子さんとの楽しい時間を過ごしてください。

今日はフローラルな気分♪香りも良く上手な洗濯洗剤の使い分けのススメ

鬥吶j繧り憶縺丈ク頑焔縺ェ豢玲ソッ豢怜王縺ョ菴ソ縺・・縺代・繧ケ繧ケ繝。

梅雨時でも洗濯後の部屋干しに適した洗剤で、気持ち良く洗濯物が仕上がります。

また、香りの良いアロマの洗濯洗剤で、

部屋干しに適したものもたくさん販売されていますから、賢く選んでください。

ちなみに、あなたは洗濯洗剤選びをどのようにしていますか?

実は洗濯洗剤にはそれぞれ得意な汚れや使い方があります。

洗剤の特性に合わせて使用すると、パワーを十分に発揮できます。

家庭用の洗濯洗剤は、主に次の3つに分けられます。

1、デリケートな服を洗うためのおしゃれ着用洗剤(中性)

2、普段使いの液体洗剤(弱アルカリ性/中性)

3、汚れをしっかり落とす粉末の洗剤(弱アルカリ性)

上記の種類の使い分け方としては、食べこぼしや皮脂汚れ、泥汚れなど、衣類の汚れが激しい家庭では

2、普段使いの液体洗剤(弱アルカリ性/中性)

3、汚れをしっかり落とす粉末の洗剤(弱アルカリ性)

がオススメです。

食べこぼしなどが多い小さなお子さんがいる家庭や、男子中高生など、

皮脂の汚れが目立つ洗濯物が多い家庭では、1と2の洗剤のほかに、

タンパク質の汚れや皮脂の汚れを落とすのに効果の高い、

3の粉末洗剤を合わせての利用がおススメです。

洗濯洗剤の賢い選び方で完璧なお洗濯ができた後は、

やさしい香りの柔軟剤で仕上げてください。

ただし、使い過ぎにはくれぐれも注意をしてください。

電車のなかに充満する柔軟剤のにおいで具合が悪くなる人や、

同僚の柔軟剤のにおいに悩まされる人など、社会的な問題にまでなっています。

もちろん小さなお子さんに、強いにおいは避けたいですよね。

洗濯物の色移りを防止する簡単な方法と落とし方

「しまった、お気に入りのシャツが赤い!!」など、

お気に入りの衣類に色移りがして焦ったことってありませんか?

色移り防止には、色移りしないかどうかを事前チェックするのが大事です。

特にデニム生地などの濃い色のものや綿素材のものは、

タオルを水で濡らして擦るなどの方法で必ずチェックしてください。

色移りが気になる洗濯物は、基本的に手洗いがおススメです。

現在販売されている衣類には、色移りするようなものは少なくなってはいますが、

それだけにうっかりしてお気に入りのシャツに色移りして後悔している人も多いです。

もし、色移りしてしまった時は、次のことを行ってみてください。

☑すぐに洗い直す

早く行うほど効果が期待でき、遅くなるほど色が衣類の繊維に浸透して落ちにくくなります。

熱めのお湯で洗う

お湯の温度は50度以上あるほうが、色移りを落とす効果が期待できます。

ただ、熱に弱い衣類のときには注意が必要です。

☑洗剤と漂白剤を使う

通常使う量の2~3倍程度の洗剤と適当の量の漂白剤を使用します。

熱めのお湯に洗濯物を入れて、30分~1時間ほど漬け置きします。

その後、色移りしている部分を念入りに、全体をよく洗ってください。

使う洗剤は中性洗剤ではなく、弱アルカリ性洗剤が良く、漂白剤は塩素系がおススメです。

上記の方法でもどうしても解決できないお気に入りの衣類とか、

高価な衣類の場合は、クリーニング店のシミ抜きに出してみてください。

今はシミ抜きの技術も向上していて、びっくりするほどキレイになって帰ってくることが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

上手な洗濯をするために、上記の方法を試してみてください。

また、衣類を購入した時に衣類に付いている取り扱い注意の表示を見ておくと、

洗濯で失敗するリスクが低くなりますからおススメです。

子育て中のママにとっては、洗濯は大きな課題です。

上手な洗濯ができれば、自信がもててお洗濯がさらに楽しくなりますよね。

楽しくお洗濯をしているママの笑顔は、お子さんにとっても幸せですよね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする