保育士が選んだ1歳児絵本のおすすめと読み聞かせの集中力について

シェアする

スポンサーリンク

ANJ77_arubamumiruanjyu20141115105406_TP_V

以前、0歳児の絵本のおすすめを書いたときに、

☑何ヶ月から読むのがいいのか?

☑0歳児に絵本を読む理由

など、絵本の紹介だけじゃなく私が保育園に勤めて学んだことも書きました。

読み聞かせの集中力について

ちなみに1歳になると、0歳児とは違い

興味が出た絵本など特にしっかり読もうとします!

また、繰り返し読みたい、と主張し始めます♪

何度も同じ絵本を持って来たり、絵本の好みも出てきますよ^^

2歳手前になってくると、言葉が出る子は、絵本片手に自分で読もうとしますね。

人形に対してお世話もしようとする時期なので、

読んであげる姿も見られてほっこりします♪

勤めていた時、よく保護者の方から相談されたことがあります。

「絵本を読んでいる最中に自分で次々にめくってしまう」

これは1歳になると自我が出てきて、自分でしたい気持ちが大きくなります。

なので自分で読んでいるつもりなのでしょう。

正常な成長段階だと言えます。

読む大人が絵に興味を向けようと声かけをしながら読んだり、

子どもにめくられたとしても責めずに合わせて読むことです!

ただその前に、集中を妨げる行為を大人がしている場合があります。

それは、

2歳までの間に1日1時間以上テレビ(スマホ)を見せていたり、

運動不足になっていたり

やはり、そういった事が子どもの成長の妨げにも繋がっているのです。

テレビを見せてしまうことで、

集中力も育たず、コミニュケーション力も堕ちます。

そして運動不足にせず、出来るだけ外で遊ばせる時間を作りましょう!

1日に1.5時間以上の外遊びを設けて、その後部屋で集中する

遊びをすることで、変動によって集中する時間が増えます。

また集中しやすくなると言われています♪

このように、絵本と子どもの成長は、繋がっていると言えます。

また、大人が子どもの集中力を作っているという事です。

それを踏まえて、1歳児におすすめの絵本、

そして保育園で人気のあった絵本をご紹介します!

保育園で人気のあった絵本

まず、
「だるまさんシリーズ」!!間違いないです!

だるまさんシリーズ

作:かがくい ひろし

シリーズによって、だるまさんの動きが違って可愛い

言葉とリズム感が合っていて、思わずマネしたくなるみたいです!

絵と文字自体は少なく、大人も読みやすいです。

本当にに1歳児のクラス担任になる度、大人気。

初め読んで反応だけしていた子どもたちが、

いつの間にかだるまさんと同じ動きをしようとします♪

くつくつあるけ

作:林明子

絵として出てくるのは一足の靴だけで、それが主人公です。

1歳になって分かるようになってきた擬音語で、

子どもたちは大喜びです。

テンポもよく、子どもが靴を履きだしたくらいがベストです♪

靴を履いてお出かけに行きたくない子どもに読んであげたり、

お散歩前に読んであげるのも良いですね。

絵本の内容と同じように、足をパタパタさせたりピョーンと飛んだり、

大人と一緒に楽しむこともできますね。

くっついた

作.絵:三浦太郎

色んな動物たちがくっつき合い、繰り返す。

シンプルではありますが、この繰り返すってことが子どもは大好きですよね♪

最後に家族でくっつくのが、幸せな雰囲気で

子どもも自分がしたくなります。

保育士をしている時この絵本を読んで、

家族でひっつくページが終わったあとに

子どもから顔をひっつけてきてくれることがありました。

とっても温かい気持ちになり、子ども自身も繰り返し読みたくなったようです♪

まとめ

1歳児の絵本は、マネしやすい擬音語や仕草など、

0歳児とはまた違う面白さがあります。

そして著しく分かる言葉が増え、興味がとっても増える。

絵本をこれから選ぶとしたら、1番に本人が楽しいと思えることだったり

自分の生活に沿った出来事だと、子供も興味が湧きますよね!

そういった楽しい思いが大人と共有出来ると良いですね^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする