乳児担当制保育園に勤めていた私がメリットや接し方を紹介します

シェアする

スポンサーリンク

LISA75_teshu20141018095533_TP_V

私が、以前まで勤めていたのが、担当制がある保育園です。

就職する前は、

一斉保育(皆で一緒に絵本を読んだり、食事も一斉にする)の保育園が普通だと思っていましたが

実習に行き、担当制があることを知りました^^

実習の間に、保育士と子どもの関係性や保育の仕方を学び、

担当制での保育士になりたい気持ちが強くなりました。

そして、タイミングよく実習中に園長の方からお声をかけて頂き、

就職することになりました!

ちなみに、「担当制とは」

担当制の保育園とは

子ども一人に、いつも同じ決まった保育士がお世話をします。

ご家庭でのお母さんのように決まっていることで、子どもも安心します。

困った時も、楽しい時も、大人が気付いてあげられますし共有しようとします。

その内面以外でも、身体の成長だったり

心理状況もよく把握して、丁寧に接してあげられる結果、

子供も情緒の安定や生活習慣にも繋がります。

0歳児クラスの比率は大人1人に対して子ども3人が基本です。

担当制の決め方

まず受け入れ(慣らし)保育の前にする面接の時点で

月齢やご家庭での食事の時間、睡眠の時間など考慮して

ある程度同じリズムで生活出来そうな子どもを担当分けします!

そして、そこから受け入れ保育で過ごしていき担当を確定します。

ただ、十分な時間を取って判断します。

担当での食事

0歳児の子どもの場合は、何人かで一緒に食事することはなく一人ずつになります。

自分で座れない時期は大人の膝に座り

ゆっくり大人と密着しながら食事します。

その子のペースで20分を超えない程度に食事を終えます。

(20分を超えると集中が無くなってしまう為)

しっかり向き合えることで、子どもの特徴だったり、食べる量も分かるようになります。

そして、順番に食事していきます!

排泄について

部屋の一角に排泄の場所があり、ドアで区切られています。

子どもだけでは入れないようになっており、子どもを連れた大人がゆっくり1対1で替えられるようになっています。

交換台や、歩けるようになったら椅子で替えたり、

時間によって2人を一緒に替えることもあります。

でも、出来る限り1対1にして話をしたり

わらべうたを歌ったり気を紛れさせたりすることもあります。

睡眠について

一人ずつ食事の介助をしたあと、そのままベッドに連れて行きます。

(2回寝の場合は、遊びに戻ります)

そして、一人ずつ寝かせていきます。

一人で寝つきにくい子どもは、トントンしたり、子守唄(わらべうた)を歌って本人が寝やすいように工夫します。

その間も、担当ができればつきますが

他の子どもの食事や排泄をしていたとしたら、他の大人が援助します。

だんだん一人で眠れるようにする為に、大人も見守って

目を合わせたり、本人を安心させるよう声をかけます!

遊びについて

遊びの時間は、それぞれ担当に限らず近くに居る子と遊びますが

園内を散歩しに行く場合など、少し行動する時は担当で一緒に行きます。

また、製作や描画なども担当が誘って、始めたりもします!

常に一緒に居ることが多いと、細かく担当の子どもを知ることが出来ます。

例えば、パズルなど、手先を使う遊びが少ないと思えば

大人が誘ったり気付きが多くなります!

最後に、私が担当制を経験して思うこと

就職してから、担当制保育をしてきましたが

担任をする乳児の3年間を同じ担当の子どもと関わり、

生活面の援助をしていく内にとてもやりがいを感じました。

一斉保育では経験の出来ない、一人ひとりとゆっくりその子のペースで成長を見れて

たっぷり時間を使ってあげられて、接することができる。

そういった、担当制の良さを知ることが出来たことと、

また就職したいと思った時に同じ保育の仕方を探すと思います。

仕事としても、子どもが出来たとしても、子どもに同じ接し方をすると思います!

それくらい、担当制が良いのだと実感できました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする