小学生の子供が引っ込み思案なので直す方法を実践してます

シェアする

スポンサーリンク

YUKI86_syukudaiganbaru15150305_TP_V

現在6歳の娘がいますが

引っ込み思案で緊張しやすく、幼稚園や学校などではまじめで頑張りすぎな性格です。

新しい環境やお友達になじむのに時間がかかるタイプで、登校(登園)前腹痛を訴えたりすること。

必要以上に頑張りすぎて疲れて帰宅して、私や夫にはきつく当たること(言葉や手をだしてしまう)。
興味を持っても長続きしないことが多い(英語・スイミング)

子供が引っ込み思案なので直す方法を実践

学校やお友達の話は娘が話をしようとするまではこちらからは聞かないようにしています

疲れて帰ってくるので、

娘がリラックスできるように好きなお菓子を用意したり娘がしたい遊びに付き合うようにしています

幼稚園や学校の先生・同じクラスのお母さん方の話では、娘は話をきちんと聞ける子で、

課題もまじめにやり、困っている子がいたら声をかけたりできる

やさしい子という評価なので、それを娘に伝え

「頑張っているんだね、すごいね、偉いね、」と具体的なエピソードを上げ褒めるようにしている。

体調がすぐれない時でも習い事に行こうとしたり、宿題を全部やろうとしたりするので

「いつも頑張っているのだから具合が悪いときはゆっくりしようね」

と体を休ませることが優先であることを伝えています。

朝元気がないときや精神的なもので腹痛を訴えるときは、

できるだけ時間に余裕を持たせ落ち着かせ、気持ちを聞き、

登園登校はいつもより時間がかかっても焦らせず付き合うようにしています。

手をつないだり、ギューッと気のすむまで抱きしめてあげて、

できるだけ自分から行けるよう見守ってあげます

疲れてイライラし、言葉遣いが荒くなったり私をたたいたりするときがあるので、

落ち着いて対応するよう心掛けているが、度が過ぎるようであれば

こちらも聖母ではないので叱ります。

怒ってしまって気持ちの切り替えがすぐにはできないときは別の部屋に行ったり、家事をして落ち着くようにしています。

怒りすぎたと思うときは、さっきは言いすぎてごめんねと謝るようにします

夜は娘が寝付くまでは添い寝をし、

今日も楽しいことがあってよかったね、

学校(イベントごとがあったらイベントについて・体育・音楽・宿題)よく頑張ったねと伝えている。

娘が興味を持ちそうなこと(習い事や体験教室)を事前に調べ、

何気なく見せたり聞かせたりして自分からやってみたい!行きたい!という気持ちを持たせます

自分からやりたいといったことには比較的積極的に行動できるので、

少しづつ自信を持たせ新しい人間関係を作る経験をさせています

クラスのお友達やお母さんにどんな方がいるかを知り合いから聞き、仲良くなれるよう声をかけたりしています。

幼稚園や学校でうまくいかないことがあると習い事にも行きたくなくなってしまうので、

毎回ではないけど行きたくないというときは無理はせず休ませるようにしていて

習い事によっては、代替レッスンで時間を変えたり先生を変えたりしていつもとは違う状況でやる気が出るように調整しています

行く前は嫌がっていてもレッスンが始まれば楽しめる場合もあるので、モノで釣るのはよくないとは思うけど行けた時はご褒美をあげるようにしている

(普段なら買わない少し高めのお菓子やアイス、スーパーのガチャガチャなどなど)

無理だなと感じたときはだらだら引き延ばして通わせず、習い事はやめるようにしていて

自分が興味をもってやりたいことがあればどんなこと(習い事)でもやってみていいよ、と伝えています

スポンサーリンク

シェアする

フォローする