忙しくて子供と遊ぶ時間がとれない対処法をしてみた

シェアする

スポンサーリンク

aomidoriIMGL1231_TP_V

子供との遊びの時間がとれない(><)

子育てに関する悩みで

自分が46歳という年齢からか、疲れが取れずアクティブな子育てができなくて

ホントはもっと公園で一緒に走ったりしてあげたいけど

もっと周りのお子さんのように、知育的なこともしてあげたいけど、

とにかく忙しくて向き合う時間が取れないって悩みの方も多いはず

そんな方に私が行っている対処法を紹介します

子供と遊ぶ時間がとれない時はこうしました♪

5歳になる下の子の事です、

外でお友だちと遊ぶ機会をなるべくとるようにして、子どもの世界で遊んでもらい

若いママさんは一緒にジャングルジム登ったりしてるので、体を使うその辺りの遊びはお任せしてしまってます♪

外遊びをしっかりした日は、かなり満足度も高く、落ち着いています^^

思い切り外遊びしてもらって疲れさせてからは、落ち着いて家での遊びも楽しんでくれますよ♪

家でも上の子の用事や主人の仕事手伝いなど忙しく、

かまいっきりではいられないので、セロハンテープやのり、ホチキス、はさみなどをいつでも使えるように並べて置いてます。

その甲斐あってか、ひとりでも工作に取り組んでいますよ。

空き箱やトイレットペーパーの芯などの資材になりそうなものも適当に取っておくと、

なんだかよくわからないものだけど集中して作っているのでとても助かります。

上手にセロハンテープがはれたり、はさみで曲線がうまく切れたりと日々何かしら成長が感じられ、こちらも発見があってとても良いです^^

あとは夕飯の手伝いをさせるのも面白がって良いですよ。

退屈すると転がっているうちに変な時間に昼寝されたり、テレビにかじりついてみていたりになりがちですが、

かんたんなドレッシング作りや、きゅうりくらいならちょっと切らせてあげたりするととても喜びます

まあ、時間のあるときに限りますが^^

知育遊びはこうしてます

知育に関しては、ある程度こちらもきちんと向き合って時間を取らないといけないとはわかっていますが

その根性も親の方になく、だらだらと無駄な時間を過ごしてしまいます。

幼稚園では、早くから幼児教育の塾に通う方も多く、

朝からペーパーテストを何枚解いたなどと聞くと焦ってしまうんですが、

とても真似ができないことだと思うので、気にしないようにしています。

いかんせん、費用も月々5万とも10万とも話されていて、とてもそんな負担をしてまで学ばせられない!

幸い上に兄弟がいるので、しりとりのようなかんたんな言語の遊びをしてもらったり、

お菓子を一緒に分けてみるなど、算数みたいなお勉強をしてもらったりしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする