浴室や洗面所やトイレの水回り簡単お掃除方法

シェアする

スポンサーリンク

浴室や洗面所やトイレの水回り簡単お掃除方法

浴室や洗面所やトイレといった水回りの掃除ってなかなか面倒な気持ちになります。

そんな時はガッツリすみずみまで掃除するのではなく。

シンプルにササッと掃除を汚れが気になる時に行うと、気持ちも楽になり、簡単に掃除を進める事ができるでしょう。

洗面所のカンタン掃除

【鏡は洗顔後のひと拭きで綺麗をキープ】

洗面台で顔を洗った時に鏡に水が飛び散っていたりします。

洗顔後、終わったついでにサッとひと拭きする習慣をつけると、いつも鏡をキレイに保つ事ができます。

鏡を拭く専用のクロスを用意しておくと良いでしょう。

【水道の蛇口まわりもついでにピカピカに】

蛇口まわりが曇って最初の輝きがなくなる原因として、水道水のカルキがあげられます。

クロスで丁寧に水気を拭き取って水アカを防止しましょう。

【床のホコリや髪の毛は乾いたウエスで】

床の汚れや落ちている髪の毛は、乾いたウエスで拭き取りましょう。

バスマットは特に注意して下さい。

カビやすくゴミも付きやすいので、床に敷くのはお風呂に入る時だけに心がけましょう。

【排水口のフタは古い歯ブラシを活用しましょう】

排水口には髪の毛などの汚れが溜まりやすく、ぬめりも発生します。

そんな時は使い終わった古い歯ブラシを活用して、汚れを取っていきましょう。

特に酷い汚れは酸素系漂白剤ペーストを使って落とします。

トイレのカンタン掃除

トイレは汚れを取るだけではなく、除菌や消臭も気にしましょう。

【便器の汚れはエタノールとウエスを活用】

エタノールスプレーで湿らせたウエスで、

・ふたの内側

・便座

・便座の裏側

・便器のふち

といった順に円を描くように拭きましょう。

【黄ばみはクエン酸スプレーで消臭】

尿じみは頑固な汚れの為、なかなかとれません。

そんな汚れには、クエン酸を水に溶かしたクエン酸スプレーを気になる汚れに直接かけて、

ウエスでしっかり水拭きしましょう。

これにはトイレ特有のアンモニア臭の防止にも繋がります。


【便器の輪ジミには耐水ペーパーを使用し、こすり落とします】

ブラシで磨いてもなかなか落ない輪ジミですが、

そんな汚れには耐水ペーパー(2000番、3000番)を使いましょう。

その際、あまり強くこすると傷が付く原因になるので注意しましょう。

※頑固な汚れには耐水ペーパーが便利※

水をつけて磨く事により、こすった時に発生する摩擦熱を抑え、頑固な汚れをおとします。

耐水ペーパーは、浴室の鏡のうろこ取りや便器の輪ジミ取りなどに大変便利です。

数字が大きくなるほど目が細かくなります。

浴室のカンタン掃除

お風呂場の汚れ問題点としては、水アカやカビといった黒ずみがあります。

それには早めの対策でキレイを保ちましょう。

【スクイージーで壁のカビ防止対策】

入浴後の壁は水滴が付いており、それが原因でカビや水アカが発生します。

入浴後の壁の水気はスクイージーで上から下へ払い落とします。

この一手間で大掛かりなカビ掃除や水アカ掃除が不要になります。

【入浴後や掃除前はシャワーで壁などの汚れを落とす週間を】

入浴後は石鹸の泡や抜けた髪の毛などの汚れが残っている場合がありますので、

入浴後は浴室全体の汚れを流すようにサッとシャワーで流しましょう。

また、浴室の掃除を行う前も、シャワーの水を勢いよくかけると、

浴室全体のゴミが流れて掃除しやすくなります。

【シャワーヘッドの水アカはクエン酸で対策】

シャワーヘッドの掃除には、バケツに水をはりクエン酸をコップ半分ほど入れ

1時間ほど放置してから、スポンジでこすると水アカが取れやすくなります。

【鏡のうろこ状の汚れが酷い場合は耐水ペーパーを活用】

鏡についたうろこ状の汚れは、クエン酸スプレーをかけてから

耐水ペーパー(2000番or3000番)で優しく拭きましょう。

擦り過ぎは鏡が傷つくので優しく拭くのが大切です。

【排水口のぬめりが気になる場合はヘアキャッチャーの表面を洗います】

ゴミや髪の毛を取り除いた後、ヘアキャッチャーを風呂用洗剤とスポンジでしっかりと洗いましょう。

【酸素系漂白剤ペーストでこすり洗い】

酸素系漂白剤(粉末)と水を2:1の割合で混ぜペーストを作成し、

それを歯ブラシにつけて気になる汚れをガッツリこすり落としましょう。

※酸素系漂白剤は便利※

塩素系漂白剤とは違い、他の洗剤と混ざっても化学反応による有毒ガスを発生させる事がなく、

漂白剤・除菌剤・消臭剤として風呂場や洗濯機の洗浄に使用できます。

浴室や洗面所やトイレの水回り簡単お掃除方法のまとめ

日々の忙しい生活の中で少しずつでも、これらの掃除方法を取り入れると

徐々に水回りはキレイになっていき、気持ちの良い使用環境がつくれます。

こんな記事もどうぞっ♪
スポンサーリンク

シェアする

フォローする