日焼け対策紫外線防止の方法を教えます!!

シェアする

スポンサーリンク

sun-791524_640

夏が近づいてくると肌を露出する機会も増えます

それと同時に紫外線、日焼け対策もしなければ肌がボロボロになってしまいます。

今回は王道の対策を紹介します

「日焼け止めのSPF、PAって何?」という人や

「焼け止めの使い分け 簡単リスト」の紹介

「日焼け止めの効果的な使い方」が知りたい人

「サングラスがかなり日焼け予防にオススメ」だったり

すぐできる対策の紹介です

夏の紫外線予防について

taiyou

外出時の紫外線の浴びすぎは要注意。

紫外線を浴びると有害な活性酸素が発生し、その活性酸素による酸化が疲労感を招いて運動バテを助長します。

紫外線の種類と性質も知っておきましょう。

身体に影響を与える紫外線にはUVA(A波)、UVB(B波)があります。

A波は紫外線の90%を占める、そしてこれが活性酸素を発生させます。

その影響で皮膚の張りや弾力を奪ってエイジングを進めるし、

表皮の底部で作られるメラニン色素の働きで肌が黒くなるサンタンの引き金になります。

B波は紫外線の10%ほどですが、表皮で活性酸素を生じさせて肌が炎症であかくなるサンバーンを引き起こします。

紫外線は午前10時から午後2時までがピークだから、紫外線が強い夏場はこの時間帯の外出は避けた方が無難です。

日差しを避けて屋内の過ごし方にスイッチしましょう!

日焼け止めのSPF、PAとは?

sunscreen-29736_640.jpg

日焼け止めは紫外線を反射したり、吸収したりする成分を配合して皮膚を守ってくれます。

そのスペックを示すのがSPFPAです。

SPFはおもにB波で肌が赤く焼けるサンバーンを防ぐ効果を示しています。

50までは数値が高いほど防止効果も高く、それ以上は50+と表記されます。

一方のPAはA波を防ぐ効果を示していて、A波で肌が黒くなるサンタンを防ぐ作用を「+」の数で示す。

「+」が多いほど有効です。

今では最高グレードのPA++++(フォープラス)があります。

走力によってランニングシューズを履き別けるように、日焼け止めもシーンに合わせた使い方をするのが正解です。

屋外でのスポーツやレジャーならSPF30、PA++で十分ですが

炎天下でのレジャーや紫外線が強烈なリゾート地でのマリンスポーツでは

SPF30〜50+

PA++〜++++

で紫外線から確実にガードしましょう!

日焼け止めの使い分け 簡単リスト

日焼け止めの使い分けを、簡単に表したリストを記載しておきます。

日常生活(散歩、買い物など)

SPF20

PA+++

屋外での軽いスポーツやレジャーなどの活動

SPF1030

PA+++++

炎天下でのレジャー、リゾート地でのマリンスポーツなど

SPF3050+

PA++++++

日焼け止めの効果的な使い方が知りたい

IMARI20160806220208_TP_V

SPF50+、PA++++の最強サンスクリーンだって、正しく使わないと宝の持ち腐れです。

日焼けを避けるためにも効果的な使い方を学びましょう!

大切なのは、顔や手足のように服から露出している部分にムラなくのばすこと

ケチらずに十分な量を手に取って、薄くのばしましょう、耳や襟足なども塗り忘れをしないように。

鼻筋や頬のように出っ張っているところは紫外線を浴びやすいので重ね塗りをします。

次に忘れてはいけないのが、2〜3時間を目安として塗り直すことです。

無意識に手や服が触れると摩擦で取れてしまうからです。

終日外で過ごすなら、朝出かける前に塗ったら午前中に1回、午後に2回は塗り直しをしましょう

家に帰ったらクレンジング剤で日焼け止めをきちんと落とします。

とくに汗や水に強いウォータープルーフタイプは肌に残りやすいので気をつけて下さい。

空気に触れると変質しやすいので、去年の使い残りは捨てて新しいものを使用します。

サングラスが日焼け対策になるって本当?

young-woman-2194038_640

究極の紫外線対策は日光を浴びないこと。

帽子をかぶる日傘を差す長袖を着るといった対策もお忘れなく。

そして重要なのがUVをカットするサングラスをかけること。

スポーツ時にはサングラスは必需品です。

眩しさを抑えるのはもちろん、運動バテをブロックする役割が期待できます。

目に紫外線が入ると角膜で炎症反応が起こり、インターロイキン6という伝達物質が紫外線を浴びたという情報を脳に伝えます。

脳は酸化ストレスを想定して疲労の信号を出すから、角膜をサングラスで紫外線からガードすべきです。

同時に皮膚ではメラニン色素が作られてサンタンが進んで肌も黒くなります。

動物実験では紫外線で白内障が起こる事も分かっているから、

サーフィンやスノースポーツのように紫外線反射が強い環境で長時間スポーツするときはサングラスが必需品です。

ランニングやサイクリングのように種目特性に応じて機能的に作られたスポーツサングラスがオススメです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする