乾燥肌対策の基礎!治す方法は生活習慣の改善にあった!?

シェアする

スポンサーリンク

乾燥肌

乾燥肌による手荒れや痒みの対策は食事や生活改善できます。

秋や冬になってくると乾燥肌による悩みが増えてきます

近年では夏でもクーラーなどの影響で乾燥肌になる人もいるほど

寝る前の背中の痒みや手荒れなど、辛い時期が長く続くと

それだけでもうストレスですよね

そんな悩みを解決する方法は食事や生活習慣の改善にあります

乾燥肌 生活習慣での対処方法

生活習慣は乾燥肌とかなり関わりがあります。

なので生活を見直す事が乾燥肌対策に繋がります。

お風呂で気をつける事

まず、41度や42度のような熱いお風呂は絶対にダメです。

温度が高い一番湯もできれば避けてください。

また、硬いゴワゴワタオルでふいてませんか?

肌はお湯でただでさえ、傷つきやすくなっている状態のようですから、

イメージは赤ちゃんのほっぺを扱うくらい優しく押さえるくらいがベストです。

保湿での注意点

お風呂上りや寝る前など、どのようなお手入れをしていますか?

弱酸性の化粧水をコットンを使って十分にパッティングして

乳液を手のひらの摩擦で温めてから馴染ませます。

その後、保湿クリームやバセリン、スクワランオイルなどで

補給した水分・潤い分が逃げないようにフタをしてください。

そしてもっと言うと、その上にラップを貼り付けて、

蒸しタオルを10~15分くらい乗せてください。

これでかなり浸透し、ベタつきも軽減します。

手は冷たい水と暖かいお湯に交互に15秒ずつ位浸して

血行を促進してから、上記と同じ方法で手入れして下さい。

寝る時は手袋がオススメです。

衣類の選び方

素肌に身につけるものは綿100%もしくは、シルク100%がオススメです。

シルクより安い綿の方が家庭的ではないでしょうか

インド更紗のようなゴワゴワした手触りの木綿は避けてくださいね。

注意するべきはアンダーシャツや、手袋です。

洗濯も柔軟材を使用して、できれば手洗いで。

ゴワゴワが防げます。

その他の気をつける事

休日の起床時刻が平日の起床時刻と比べてかなり遅い場合は、

肌が乾燥する可能性が考えられるので規則正しい時間を心掛けましょう。

そして何よりも、痒くてもかいてはいけません。

どうしようもない時は冷やしてください。

とにかく冷やせばかゆみは感じなくなります。

ケーキの箱なんかに入ってる保冷材などをガーゼやハンカチで

包んでかゆみのひどい部分に当てるとマシになります

乾燥肌を食事で改善

乾燥肌は日々の食事も影響します

なので食生活を変える事で乾燥が改善される事もあります。

乾燥肌の場合、ほとんどの方が保湿クリームなどの道具に頼りがちですが

実は普段とっている食事も、乾燥肌を引き起こす大きな原因です

これがバランスの良くない食べ方だと、栄養分も偏ってしまいます

すると代謝や体内環境も悪くなります

すると、肌を守る皮脂の分泌が減って乾燥しやすくなります

あと体内の環境悪化によって

肌の乾燥や肌荒れが起きやすくなります。

食事でのバランスが偏っているまま、美容液などでケアしても

体内の栄養バランスが崩れたままでは、いつまでも乾燥肌は改善されません

そんな乾燥肌を悪化させる食べ物や飲み物があり

まずこれらの飲食を避けることで、

乾燥肌になる原因のひとつを回避することができます

そんな乾燥肌に悪い食べ物と乾燥肌に良い食べ物をいくつか紹介します。

まずは肌に必要なコラーゲンの生成に関わる栄養を意識して摂取しましょう

タンパク質

亜鉛

カルシウム

ビタミンA

ビタミンC

などです。

そして乾燥肌を招きやすいものは、なるべく摂取しないようにしましょう

乾燥肌に悪い物

お菓子やジュース

糖分がかなり含まれているお菓子やジュースは、

摂りすぎると、体内環境が悪化しやすくなります。

特に清涼飲料水はゴクゴク飲めてしまうので、飲み過ぎてしまうパターンも多いです。

お菓子のような食べ物の摂取はもちろん気をつけるようにするべきですが、

飲み物からの糖分の過剰摂取にも注意しましょう。

塩分や脂質の取りすぎ

ファーストフードやスナック菓子には塩分や脂分が多く含まれています。

食べ過ぎると体の代謝が悪くなります。

別腹でいつの間にか食べているという人もいますよね

食べすぎには注意です。

しかし脂質の摂取不足も肌の乾燥を招くと言われています

脂質の取りすぎもいけませんが

まったく摂らないのもいけませんので、

脂質の摂取量もチェックしてみてくださいね。

カフェインが多い物

カフェインは利尿作用があるので尿によって

水分が外に出やすくなります。

すると、肌や体内の水分が少なくなります。

血管の収縮や、体を冷やす働きもあって、

これで原因で代謝が落ちて乾燥肌になりやすくなります。

カフェインはコーヒー、緑茶、紅茶

ココアやチョコレートにも含まれています。

そうして乾燥肌を招くような食べ物を減らしながらも、

カサカサ肌に良い食べ物を増やすことが大切になってきます。

また乾燥肌に良い成分は、

ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC,ビタミンE、

たんぱく質ですから、これらを含む食べ物がオススメです。

乾燥肌に良い食べ物

イワシ

イワシには肌に良い栄養素が豊富に含まれ、たんぱく質やビタミンAが多く

青魚にはDHAやEPAが含まれ、これが乾燥肌にも良いと言われています。

他にもアジやサバ、マグロの赤身もおすすめですよ

納豆

なっとうにはたんぱく質やビタミンEが含まれています。

また、納豆にはポリアミンという成分が含まれていて、

これが代謝を活発にしてくれます。

タマゴ

ビチオンという成分が卵には含まれており、

皮膚を健康に保つ働きがあります。

これは皮膚科の薬にも使われる栄養素でもあります。

また、卵にはたんぱく質やビタミンAなどが含まれています。

アボカド

ビタミンE、βカロテン、ビタミンCなどが含まれています。

「ばっかり食べ」をしていないか意識しましょう

まず「ばっかり食べ」とは!?ってところですが

例えば、ハンバーグだけをずっと食べ続け

ハンバーグを残さず全部食べてから次の食材をまたずっと食べるような食べ方の事です。

噛む回数も1口当たり30回以上噛んで食べているかなどもチェックしてみてください。

まとめ

全部実行するのは難しいかも知れませんが

生活スタイルに合わせて、取り入れられるものから初めて見てはいかがでしょう?

頑張ればかならず改善されます!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする